So-net無料ブログ作成

Yeah! Yeah! Die! Die!  ~ Waltari [ ∟Finnish Metal/Rock]

このWaltariというバンド、こちらもまたまたフィンランドのバンドなのですが、ちょっと毛色が違います。 紹介するのはそんなちょっと変わったバンドの中でも特別変り種。

アルバムの正式名は Yeah! Yeah! Die! Die! Death Metal Symphony in Deep C。簡単に言うなら、「デスメタル」と「クラシック」のFusionです。その他テクノやらラップやら私は良く知らない音楽も混じっていて、ジャンルわけ不可能な1枚です。(こういうのもミクスチャーって言うんでしょうか?)

そんな物珍しいだけのアルバムではなく、完成度が非常に高いです。 メタルとクラシックのコンピレーションって今まで色んなバンドがちょこちょこやっていますが、大抵クラシック寄りでメタルファンにはいまいちなことが多いですが、こいつは違います。本当に自然に2つが融合しています。

たとえるならば、赤と白の合わせ味噌ベースの闇鍋。しかも具は誰も食えないようなゲテモノが入っているわけではなく、汁・だしと素材の持つ旨みが見事に調和して最高においしく仕上がっている、という感じです。

Playボタンを押して、ダークな雰囲気のクラシックで始まります。ともすると寝そうになるのですが、ここは我慢。嵐の前の静けさということで。6分くらいからノイジーなディストーションギターの音がぽつりぽつりと入り始め、嵐の予感。来るか来るかと待ち構えていると7分半くらいでやっぱりキタ--------!! まんまデスメタルのリフとボーカルの応酬です。すぐに弦楽器の音や女性オペラ歌手の歌が入り始めますが、これがまったく違和感がない。主題やテンポを変えながら、デス(メタル)とクラシックのミクスチャーが25分くらいまで存分に楽しめます。 36分くらいまでクラシック主体で食休み。そこからロックなのかファンクなのかよくわからない音楽とクラシックが手をつないで踊り始め、40分前後ではもうお祭り状態。もうおなかいっぱいなのにこれでもかと徐々に更に盛り上がり始め、49分くらいで絶頂を迎え、あれ?いきなり打ち込みになった。ラップ?テクノ? ストーンと落とされた感じですが、これが非常にリズミカルで心地よく、すぐにオーケストラもデスも全部混じってロックして、最後にデス声コーラスのシャウトで本当のオーガズムを得て終わります。  ボーナスは有名なお祭りロックンロールをWALTARI+オーケストラ流に味付けしてカバーしたものだと思いますが、デザートとしてはなかなか。

というわけで本当にごちそうさまな1枚です。

=Yeah! Yeah! Die! Die! Death Metal Symphony in Deep C=
曲目:
1. Part 1: Misty Dreariness
2. Part 2: A Sign
3. Part 3: Deeper Into The Mud
4. Part 4: The Struggle For Life And Death Of "Knowledge"
5. Part 5: Compelety Alone
6. Part 6: Move
7. Part 7: Time, Irrevelant
8. Part 8: The Top
9. How Long Can U Go? (Bonustrack)

http://www.waltarimusic.com/

上のように最後のBonustrack含めて9つに分かれてはいるんですが、トラックとしては1曲だけなので、例えばクラシックのみになるところだけ飛ばして聴くということが出来ません。 全部で1時間位なので、クラシックもデスも両方聴ける人でないと、通して聴くのは辛いかも・・・ という場合は、パソコンのWMP等、スライドバーがあるソフトで聴くとおいしいところだけ聴けます。 まあそれはミュージシャンの望む聞き方ではないかもしれませんが・・・

ところでWALTARIは何枚かのアルバムを出していますが、邦盤は全くありません。(多分) 本国フィンランドとドイツ・スイスあたりの一部の欧州でしか売られておらず、AmazonでもJPでは入手できません。HMVでやっと最近のやつが1,2枚売られているかどうか。 CDの入手が日本ではかなり困難なようです。 私は昨年このアルバムをAmazon.co.ukで見つけて2ヶ月待ちでやっと入手できました。同時に頼んだ「Decade」というアルバムは半年以上経った今でもまだ届きません。 金だけとりやがって、こん畜生、もう使わねー。

 WALTARIのアルバムはまだ他にも欲しいのがあるので、誰か売っているお店見つけたら教えてください。 これだけのために東京・名古屋くらいなら行きます。(大阪福岡だとちょっと辛いけど・・・)
http://blog.so-net.ne.jp/papametaller/2005-02-24


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 6

NO NAME

東京の新宿、池袋、御茶ノ水にあるディスクユニオンにはたまーに作品が置いてありますよ。
by NO NAME (2005-04-08 14:46) 

stromblad

コメントありがとうございます。来月末に東京に行く用事があるので、そのときぜひ寄ってみたいと思います。
新宿のディスクユニオンは6年くらい前に行ったことがありますが、池袋・御茶ノ水と、どこが一番大きいでしょうか。
by stromblad (2005-04-14 21:02) 

ウエケン

これは凄いですよね!まさに本物のミクスチャー!
ってか、頭が逝ってる感じもします(笑)ミクスチャーは自分もよく聴くんですが、今のメタルコアやら哀愁を感じるというミクスチャーではなく、やはりどこか可笑しい、そんな感じもします。生オーケストラとラップを混ぜた、っていうのはおそらくWaltariしかいないのではないでしょうか?これは、そのぐらい完成度が高いと思います。これ聴きながら時々勉強しています。
ボーナストラックは、思わず最初聴いた時は笑っちゃいました(笑)何か、ロックンロールとオーケストラの単なる融合ではなく、サントラっぽい感じもしなくは無いですね。Jazzの元気なブラスバンドな感じもしました。
by ウエケン (2006-07-16 11:03) 

stromblad

>ウエケンさん
WALTARIネタへのコメントはうれしいですね! ありがとうございます。昨年の新作も素晴らしかったですが、こういうとんでもないことをそろそろまたやってくれないかな?と思ったりしてます。
 ところで、ウエケンさんの情報にて初期2作のリマスター、注文しましたが1ヶ月たっても私のところにはまだ来ません(泣) もう聴かれましたか?
by stromblad (2006-07-17 22:39) 

ウエケン

実はまだ注文してないんですよね・・・
確か2chのWaltariスレで注文した人の感想みたいなのが載ってましたけど、パンク系が多いみたいな感じでした。
by ウエケン (2006-07-18 13:18) 

stromblad

>ウエケンさん
ずいぶん放置しちゃって全くもって申し訳ありません。 最近知りましたが、H○Vでも扱い始めましたね。こちらで注文し直そうかと財布と相談中であります(笑)
by stromblad (2006-08-27 22:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。