So-net無料ブログ作成
検索選択

Apocalyptica ~ APOCALYPTICA [ ∟Finnish Metal/Rock]

私の最新GET作、チェロ3人組によるバンド「Apocalyptica」のセルフタイトルアルバム('05)です。「チェロ?」と聞いてパスしようとされた方がいらっしゃったらちょっと待って。紛れも無くメタルの紹介ですから。 

 

こちらもフィンランドのバンドでして、前述の通りチェリスト3名からなります。最初はMetalicaのカバーアルバム(もちろんチェロで。実は持ってる)を出したり、そのMetalicaの前座も勤めたことのある、メタルラブな方々です。アルバムはドラムやベース等はゲストミュージシャンによって録られています。

びっくりなのは、ギターが入っていないこと。クレジットもないので、多分使われていないと思います。聴いてみると一瞬信じられません。あの重厚なリフがギターではない? 多分チェロの音にディストーションまたはオーバードライブかけてると思います。ただ、よくよく聞いてもギターの音と違う、と確信できない部分も若干あるので、自信はないのですが・・・

というわけで、バッキング、リフなどは、ギターと全く同等のヘヴィネスな音です。凡百のバンドより余程こちらの方が重く、スケールもでかいです。

そしてこのジャケットですが、こんな雰囲気どこかで見覚えありませんか?・・・そう、私は同じくFinlandのバンド、Sentencedのアルバムに雰囲気が似ていると思いました。中のライナーも雰囲気的によくよく似ています。

これが、音・曲の雰囲気まで似てる気がしますから不思議。冷たく乾いた風が吹きすさんでます。もっとも、インストの曲の主旋律はチェロの生音なので、この辺がSentencedよりは少し湿り気というか体温を感じさせますが。 

1曲目「Life Burns!」のイントロからしてもうストライクど真ん中の正統派HeavyMetalです。格好いいです。ボーカル入り(もちろんゲストミュージシャン、The Rasmusの人)ですがこの人の声も曲に見合った格好良さ。このリフはどう聞いてもギターにしか聞こえない・・・ 

同じくボーカル入りの4曲目「Bittersweet 」、これは名曲です。まじで泣けます。最初はまともに弦楽三重奏、ボーカルが入って後半になるにつれだんだんヘヴィなパワーバラードとなります。アウトロの不協和音にバンド名通り終末的な空気も漂っております。

2、5、7、10曲目等、チェロが主旋律を奏でる曲は、どれもビブラートが美しく、「泣き」のチェロが心にしみます。

8曲目、PCを長く使っている者、恐らくIT関係の人にとっても、見るもおぞましい題名ですが、この曲のソロ、これこそ本当にチェロですか? 速いテンポの上で音階が目まぐるしく変わるような演奏(ギターでいう速弾き)は、普通小さな高音楽器(管楽器ではフルート・クラリネット、弦楽器ではバイオリン)の行うものですが、少しばかりクラシックをかじった程度の私では、チェロでこんな速い演奏はちょっと聴いたことがありません。 ・・・ギターでやってたとしても凄いですよ、多分。(もちろんギターでこれ以上速いのはいくらでもあるんですが・・・)

6曲目・9曲目などは、インストですが誰が聞いても完全にメタルです。9曲目などはデスメタルといっても言い過ぎではありません。

11曲目「Deathzone 」、多分そんなにエフェクトはかけてないと思うんですが、クラッシックというにはあまりに暗鬱で重くて、でも逆にメタルかといえばう~んと悩んでしまう、融合というより新しい音楽ともいえます。この曲聴くと本当にジャンル分けというものが便宜的なものでしかないということが分かります。


・・・この曲、ジャケットでは4:33となってますが、プレーヤーでは10:15となります。そう、ボーナストラックがくっついているんです。2曲目「Quutamo」のボーカル付です。このボーカル、雰囲気が以前紹介したClaudia Carnal 姉様によく似てて、とても色っぽい・・・ 始めは本人かと思っちゃいました。調べたらDie Happyというドイツのバンドの方だそうです。 ちょっと聴いてみたくなりましたですね。

(追記:6/27)

もっと詳しく調べましたところ、私の持ってるCDのボーナストラックは、Die HappyのMarta Jandorvaが歌っているものではなく、DollyというバンドのEmanuel(manu)という方が歌っているもの、つまりFrence Version(=En Vie)ということが分かりました。Marta嬢が歌っているのはドイツ語・英語のバージョンのようです。↑は誤りですので訂正させていただきます。

曲目:
1 Life Burns!
2 Quutamo
3 Distraction
4 Bittersweet
5 Misconstruction
6 Fisheye
7 Farewell
8 Fatal Error
9 Betrayal / Forgiveness
10 Ruska
11 Deathzone

http://www.apocalyptica.com/home/

Apocalyptica

Apocalyptica

  • アーティスト: Apocalyptica
  • 出版社/メーカー: Universal International
  • 発売日: 2005/05/10
  • メディア: CD

US版の2曲目は本アルバムと違いますが、曲名のみの違いなのか、曲そのものが違うのか・・・どなたか教えてください。(訂正:上記参照)余裕のある方はボーナスいっぱい入ったこちらなぞいかがでしょうか。いや、この金額出せる人はとっくに買っているわな・・・
Apocalyptica

Apocalyptica

  • アーティスト: Apocalyptica
  • 出版社/メーカー: Universal International
  • 発売日: 2005/03/08
  • メディア: CD

ん?なんかヨーヨーマと似ていると言う声が・・・ そりゃそうでしょ、同じ楽器がメインですから、ということにしてください。

ヨーヨーマもメタルもいける人は聴かないと損です。

前作「Reflections」も傑作だそうですので、いずれ聴いてみたいと思いますです、はい。

 

 

 


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 4

guri

strombladさん、こんばんは。
うちのblogにコメントありがとうございました!

Apocaのようなバンドが生まれるのも、やはりシベリウスが有名はフィンランドならではなのでしょうか。

strombladさんが持っているApocaのアルバムは私が持ってるものと同じでしょうか?私の持ってるアルバムのシークレットトラックはDIE HAPPYのボーカルMartaによるものではありません。フランス語ヴァージョンです。Apocaのオフィには“The French version features Manu of Dolly”と書かれてました。タイトルは「En Vie」(フラ語ですね)というらしいです。US盤の2曲がこれなのでしょう。

Martaのボーカルによる「Wie Weit」(ドイツ語)と「How Far」(英語)はボートラ入りの方に収録されているようですね。私はDIE HAPPAYのファンでもあるので、Martaの方も試聴だけではなくてきちんと聴いてみたいのですが。日本でApocaのシングルは手に入りそうにないので、今夏フィンランドに行った際に探してみようと思ってます。

私もそんなに詳しくないので間違ったこと書いてたらスミマセン…。

店頭でUS盤を見かけたことはありませんが、それにしても高すぎですね(汗)
これだと通常盤買って、「How Far」のシングルを買った方が安くつくような気が…。

長々と失礼しました。
私もまた遊びに来ますね!
by guri (2005-06-27 01:18) 

stromblad

こんにちは、お越しいただき光栄であります。
シークレットトラックの件ですが、間違っていたのは私のようでして、私の聴いているのもフランス語バージョンのようです。(オフィシャルで視聴して聴き比べて分かりました) お蔭様で誤りを訂正できました(本文追記訂正しました)、ありがとうございます。
 今夏フィンランド行かれるですか! うらやましいお話です。私も行ってCD漁りしたい・・・ guriさんのblogでレポートが見られることを楽しみにしております。
by stromblad (2005-06-27 13:31) 

oka-ka-i-love-rock

こんにちは。昔から「様式美」と言う系統があるように、HM/HRの旋律と
クラッシックの旋律はどこかつながったところがあるのですね。
昔のものはやみくもに速弾きを入れたり、スタジオ録音を良い事に、
バックにマジオーケストラを入れたりする事で「様式美」を表現している
勘違いHM/HRも多数ありましたね。それに比べればこの「Apocalyptica」は
METALICAの前座をやったり、楽器そのものがクラッシックのもの(チェロ)だとか、
話題性や見せ掛けだけではない「1本筋の通った」ものを感じますね。
最近はどこへ行くにも子供がいるのでCDや本などを探す余裕がないのですが、
今度、一度時間をとって、ゆっくり探してみたいと思います。
by oka-ka-i-love-rock (2005-06-27 13:38) 

stromblad

こんばんわ、いつもコメント嬉しいです。
私は、かねがねHM/HRに最も近しい音楽はクラッシックだと思っております。(または演歌。) こういうバンドの曲を通して、クラッシックとHM/HR双方の音楽を聴ける方が増えるといいなあと思います。
 おかあかさんのように幅広く音楽を聴ける方は、こちらも気に入っていただけると思いますよ。
by stromblad (2005-06-27 21:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。