So-net無料ブログ作成

Once ~ Nightwish [ ∟Finnish Metal/Rock]

先日の記事で書いた通り、世界陸上の開会式の中継が無かったのが残念で、衝動買いに走ってGETしたのがこのNIGHTWISHの「Once」です。本BLOGでフィンランドフィンランドと騒ぎながら、恐らくフィンランドで一番人気があるであろうこのバンドを未だに聴いておらず、以前から聴きたいとは思っておったので、ちょうど良いきっかけにはなりました。

  


何でも前作はフィンランド国内でダブルプラチナム、欧州全体でもかなり売れたんだとか。 どんな音を聴かせてくれるのか興味津々でありました。

まずスタイルとしてはシンフォニックメタル、という感じを私はしました。リフやフレーズによっては、BLIND GURDIAN(特にNIGHTFALL IN MIDDLE-EARTH)に近い部分もあるように感じましたが、RHAPSODYとはちょっと、いや全然違うかな・・・? EVANESCENCEとの類似をよく言われるようですが、そちらは良く知りませんのでごめんなさい。 またゴシックメタルの仲間に入れられることもあるようですが、ゴシックメタルの定義自体がいまや結構曖昧なので、聴く人によってはそういう形容もありかな、と思います。

シンフォニック、といってもキーボードを大胆に大仰に使って荘厳さ・壮大感を表すのがまあ普通ですが、本作については、フルオーケストラに等しい人数のアーティストを呼んで、生音使ってレコーディングしているのが醍醐味の1つ、聴き応えになっています。バッキングの(フレンチ)ホルンが格好いい!て感じられたのは、メタルでは初めてですかね。(普通メタルにホルンは出てきません、ハイ。)

 ある意味クラシックとメタルの融合した1つの形かもしれません。 もっとも、曲調自体はあくまでメタル・ロックベースで、既にある形かもしれませんので、新鮮味と言う点ではさほどでは無いのですが、メタラーにも受け入れ易い音だと思います。 (クラッシックとメタルの融合、という点では、これを聴いた後でも、私はやはりWALTARIの”Yeah! Yeah! Die! Die!"が最高だと思ってますが)

また、これも周知のことですが、VOCALのTarja Turunenのオペラ的歌唱がクラシック感、その親和性を非常に高く感じさせるのに一役かっています。 というか、この人の歌・声に合わせて曲を作ってるんじゃないか? という気もします。 歌の上手い下手はよくわからないんですが、それでも凄い上手いなと感じます。

私はオペラ的な歌い方もさることながら、女性らしい柔らかさ・優しさ・繊細さを感じる、普通の歌い方の方が好きですかね。 そういう声/歌い方は、Heavy Metalという音楽とは相反するものかもしれません。一方で、ボーカルとオーケストラをこのバンドから取っちゃっても、結構ちゃんとしたメロディック・パワーメタルな音なんですよね。(この点ポイント高し!) そうして聴くと、確かに「VOCALが浮いている」と感じる向きも何となくわかりますね。

ただ、そこはフィンランドのバンド、哀愁のある流麗なメロディの曲調が基本にあるので、私はあまり違和感を感じませんでした。

たまたまARCH ENEMYとNIGHTWISH、女性VOCALのアルバムを聴く機会が続いたのですが、まあどちらも凄いですね。かたや獣化して凶暴そのものの咆哮、かたや聖母マリアのような愛と慈悲に満ち溢れたような天使の歌声。どちらも女性です。怖い怖い。 女性ボーカルの魅力をこの2つのバンドを聴くだけで堪能できます。

曲の方ですが、全体の印象として、前述の通り北欧らしい美しいメロディを女声ボーカルが歌い、バックをオーケストラとギター・ベース・ドラムが荘厳・重厚な雰囲気に固める、といった感じです。SENTENCEDほど絶望的に暗くもなく、TO/DIE/FORほど涙ぼろぼろという訳ではありませんが、大陸系に比すると流麗で洗練された雰囲気があり、この辺は北欧らしいというか、ヨーロッパの「美」を音にした風があると思います。

1曲目、大仰なシンフォニックメタルだなあ、でもメタルの部分はちゃんとしているから侮れないなあ。Vocalも綺麗な声のお姉さんだなあ、言われてるほど「浮いてる」ような違和感は感じないなあ、その位の感想でした。よく聴けばサビとか格好良いんですけどね。

とその程度に聴いていたら、2曲目「Wish I Had an Angel」で耳の奥、小脳あたりの脳みそがブルブルと震えてしまいました。まだ4.5回通して聴いただけで、聴き込みが十分とはいえないのに早々に記事にする気になったのは、この曲にやられてしまったからであります。

単一コードでの8ビート?のバッキング、聴き様によってはディスコミュージックのリズムのようにも聴こえますが、疾走感があり、確実に前へ前へと進んでいく様がHM/HRの格好良さそのものです。また、BASEのMarco Hietalaと思われますが、男性VOCALがサビを歌っており、これが私の好きなガナリ気味の「漢(おとこ)」声でして、Tarya嬢および女声コーラスとのコントラストも合わせて無茶苦茶格好いいんであります。 

この曲、私の中では今年出会った曲の中でもBEST3に入る名曲です。(アルバムは昨年発売されたものです)

4曲目「Planet Hell」にもこの男声VOCALは入ります。こうして聴くと男性ボーカルが入る方がやっぱりメタルっぽくなるのかな? これも”走る”シンフォニックメタルです。中心人物であるKeybのTuomas Holopainenのソロもスピード感があり、ヘヴィなギターリフに乗って、メタルらしい仕上がりです。

8曲目「Romanticide」もゴリ押しのパワーメタルらしいリフと、ガキガキのギターソロが入り、ある意味本アルバムでは一番Heavyな曲だと思います。が、前述の4曲目や6曲目なんかもかなりメタルしてまして、やはりクラッシック的なアプローチの方が2次的で、ベースはメタルだなあと思います。

でも10曲目、11曲目はクラシックの色の方が強いかな。11曲目「Higher Than Hope」のサビは号泣モノです。

曲目:
1.Dark Chest of Wonders
2.Wish I Had an Angel
3.Nemo
4.Planet Hell
5.Creek Mary's Blood
6.Siren
7.Dead Gardens
8.Romanticide
9.Ghost Love Score
10.Kuolema Tekke Taiteilijan
11.Higher Than Hope
12.White Night Fantasy [Bonus Track]
13.Live to Tell the Tale [Bonus Track]

http://www.nightwish.com/

ワンス

ワンス

  • アーティスト: ナイトウィッシュ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2004/07/21
  • メディア: CD
5曲目「The Siren」はオーケストラルな曲ですが、オリエンタルなメロディを導入して、ヨーロッパ的、ゴシック的要素の強い本アルバムの中にあって、一際異彩を放っております。Tarja嬢のこの曲の歌い方は「妖艶」の一言につきます。是非ハーレムのお姉ちゃんの格好をしてPVで歌って欲しい。(このエロ親父は・・・) でも写真見ると「きれいやー」と思うアングル意外と少ない・・・ また6曲目はネイティブ・アメリカンの楽器や語りを入れるなどして、このバンドの音楽的懐の深さを感じます。 と思ったら・・・ な、なんと、このバンドは私的超名曲の一つ、GARY MOOREの「Over The Hills And Far Away」をカバーしているではありませんか!! これは是非聴かねば。
Over the Hills & Far Away

Over the Hills & Far Away

  • アーティスト: NIGHTWISH
  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2004/11/30
  • メディア: CD
ライブ音源は今のところ興味ないので、「Over The Hills...」だけ聴きたい。 iTMS等ダウンロードサイトで探してみるか、あまり期待できないけど・・・
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

oka-ka-i-love-rock

strombladさん、こんばんわ。昨日のお疲れは出ていませんか?
それともひょっとして、長い長いお盆休みに入られているとか(・・)?
だとしたら大変羨ましいですねぇ....('。')
私は9日はVERY HARDでMORE HEAVYな一日でした....(**)
で、究極のドリームバンドのパート2(第二弾じゃなくて、残していた方)がようやくできました(××)
よろしければご来訪頂き、前作と合わせて吟味して下さいませんか?
よろしくお願いします。

そして、本題のナイトウィッシュ、当りで良かったですね。
衝動買いして当たったら、倍以上儲けた気になりませんか?
私はそうです。あー新しい音楽と戯れたい....
by oka-ka-i-love-rock (2005-08-10 01:34) 

stromblad

>おかあかさん
こんにちはです。記事の方は拝見させていただきました。niceであります。ちなみに私は月曜の疲れを取る暇もなく今週も仕事であります。 お付き合いのある大手企業さんは確かにもうお休みのところが多く、まったく羨ましい話であります。会社も私も貧乏暇なしでございます。

>あー新しい音楽と戯れたい....
お気持ちよーくよーく分かります。私も一時のそんな欲望を衝動的に満たしているため、財布の中がいつも空気と戯れております・・・
by stromblad (2005-08-10 12:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。