So-net無料ブログ作成
検索選択

TURBO ~ JUDAS PRIEST [ ∟80's HM/HR]

今日は鋼鉄神ジューダス・プリーストの(当時)問題作とされた作品、「TURBO」('86)です。

なぜ問題作かと言うと、ギターシンセの導入というところが、ジューダスらしくない、メタルGODがシンセとは何事だ、そんなところです。

当時レンタルCD 店に並ぶと同時に聴きましたが、その後そんな評価を聴いて、私は「はあ?」という感じでした。

恐らくJUDAS暦が1年足らず、前作「Defenders Of  The Faith」からで、JUDASはこあるべき!みたいな固定観念的イメージが、さほど固まっていなかったからだと思います。 今思うと、固まっていなくて良かったと思います。リアルタイムでこのアルバムを「格好いい!」と思えたのですから。

シンセうんぬんより、前作よりずっと聴き易い音楽になってしまったことが、前作同様を望んでいたファンにとっては残念だったのだと思います。前作が重戦車とすれば、本作はレーシングカーになったような色の違いが、確かにあります。

曲調も、メジャーコードがふんだんに取り入れられた、キャッチーとも言える親しみやすいメロディが多く聴けますし、何よりフットワークが軽くなりました。これ間違いなくミュージシャン狙ってやりましたよ。

でもですね、バンドの音楽性が変わったとか、まして売れ線狙いとかの類の理由による変化ではないと思います。 ・・・多分新しい音楽、表現手法への挑戦だったのではないでしょうか・・・(かいかぶり過ぎ?)

まず、曲の「質」が全く落ちていないです。前作「Defenders・・・」に勝るとは言いませんが、決して「未満」ではない、どの曲とってもシングルカットに耐えうる完成度、捨て曲無しです。 そして、歌うのは「あの」ロブ・ハルフォードですし、一部シンセになったとはいえ、K.K.とグレンの金属的な重量感あふれるギター。音が「JUDAS PRIEST」以外の何者でもないのであります。

曲の方ですが、1曲目「TURBO LOVER」がこのアルバムと前作の違いを決定的に印象付けてくれます。ギターシンセによるイントロや、序盤の控えめなギターリフとテンポの良いリズム。でもこれはこれで格好いいんですよお。他のバンドでやったら絶対「名曲」になる筈です。

3曲目「Private Property」も同様にフットワークの軽さが心地よく、4曲目「Parental Guidance」はキャッチーさが加わります。 5曲目「Rock You All Around the World」や7曲目「Wild Nights, Hot & Crazy Days」などは、KISSの曲をJUDASがカバーした、みたいな、ロック賛歌兼お祭りメタル的雰囲気があります。(カバーじゃないですよ、彼らのオリジナルです)

2曲目「Locked In」や8曲目「Hot for Love」のメロディアスなツインリードのギターソロは鳥肌モノの格好よさ。

6曲目「Out in the Cold」や9曲目「Reckless」は、このアルバムの中にあって、アルバムの色を損ねることなく、これまでのJUDASらしいヘヴィネスが色濃く残っております。そうは言ってもやはりこの辺が中でもお気に入りになるなあ・・・

そんな訳で、「Judasの」といって御幣があるなら「Heavy Metalの」素晴らしい名盤だと思っています。もうじき20年は経とうかという古い曲であるにも関わらず、今聴いても全く古さが感じられ無いというのも凄い。

本作は、メタル聴いたこと無いけどちょっと興味があるという方にお薦め。または従来からのメタルファンでもドライブ中に聴くメタルとしてもタイトル通りピッタリです。TURBO車じゃなくても全然OK、ただしアクセルの踏みすぎには注意です。

曲目:

1.Turbo Lover
2.Locked In
3.Private Property
4.Parental Guidance
5.Rock You All Around the World
6.Out in the Cold
7.Wild Nights, Hot & Crazy Days
8.Hot for Love
9.Reckless

http://www.judaspriest.com/

 

Turbo

Turbo

  • アーティスト: Judas Priest
  • 出版社/メーカー: Columbia
  • 発売日: 2002/03/19
  • メディア: CD

ちなみに本作も十分楽しめた私は、次作「Ram It Down」も同様に「こいつはええ!!」と思って聴くことが出来て幸せ者でありました。 JUDASのアルバム中で評価としては下の方というのが一般的ですが、そんなに悪くありませんて。

 
Ram It Down

Ram It Down

  • アーティスト: Judas Priest
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 2002/03/19
  • メディア: CD

前作「Defenders・・・」のレビューは当面の間こちらをご覧ください。なんだかんだ言ってもやっぱり「一番」はこれです。(私はいざという時のために出し惜しみしてますので・・・)

Defenders of the Faith

Defenders of the Faith

  • アーティスト: Judas Priest
  • 出版社/メーカー: Columbia/Legacy
  • 発売日: 2001/05/29
  • メディア: CD

 

 


nice!(4)  コメント(15)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 15

りでぃあ

こんばんわ!「TURBO」は私がはじめて聴いたJUDASのアルバムだったので興味深く記事を読ませていただきました。
当時、シンセ中心のポップスなんかも好んで聴いていて、メタルはほとんど聴いたことのなかった私にも、とてもとっつきやすく「メタルもかっこいいやん!」と思わせてくれたアルバムです。strombladさんの書いてはるようにメタルにちょっと興味のある方におすすめですね♪
by りでぃあ (2005-08-28 01:24) 

stromblad

>りでぃあさん
こんばんわ、早々にniceありがとうございます! 「TURBO」からJudasに入ったとのこと、何か嬉しいですね。メタルGODが作った、万人においしいメタル、悪いわけがありません、当時はもちろん今でもおすすめですよね。
by stromblad (2005-08-28 01:44) 

おはようございます。
当時はメイデンと共にシンセ・ギターが物議を醸し出しましたが、ポイントを外れた論議だなぁと思っていました。アルバム自体はきわめて優れた内容で、全く strombladさんに同感です(アクセル踏みすぎ注意も^^)。元々2枚組みにする予定で、1枚目が「TURBO」、2枚目が「RAM IT DOWN」の予定だったとか。"Out In The Cold"は名曲ですね。
それと「DEFENDERS~」をTBさせていただきました。出し惜しみせず、strombladさんのレビューも読みたいなぁ。
by (2005-08-28 07:57) 

stromblad

>ファランさん
おはようございます。 「Turbo」と「Ram It Down」が2枚組みの予定だったとは知りませんでした。そういわれてみれば確かに・・・ また一つお利口にさせていただきました!! 「Out In The Cold」、いいっすよね。 私もTBさせていただきます。niceありがとうございました!
by stromblad (2005-08-28 11:12) 

oka-ka-i-love-rock

strombladさん、おはようさんです。
昨日はびっくりさせてごめんなさい。でも嬉しかったです。

ところでこのアルバム。私は1〜2回しか聴いていないので、
曲のことはもうほとんど覚えていないのですが、strombladさんがおっしゃるように、私は結構違和感無く聴けたと記憶しています。
この評価が散々だったので、ジューダスも以降はこの手の冒険はしませんでしたし、HM/HR界では冒険&変化(進化)は「タブー」になってしまった気がします。
でも、そこを敢えてこのアルバムを紹介される辺り、strombladさんの個性が光って見えるレビューになっていて、分かりやすく読ませて頂きました。
いつも長いコメントでごめんなさい。
by oka-ka-i-love-rock (2005-08-28 11:14) 

stromblad

>おかあかさん
nice&コメントありがとうございます。 JUDASはじめ大御所バンドの「変化」はいつも風当たりが強いですが、その結果の音楽を自分が「いい」と思えれば素直に「いい」と言いたいと思っています。仮に自分の好みではなかったとしても、ミュージシャンとしてのポジティブさが感じられるのであればそれを受け入れ、安易に「否定」をしたくないなあ、と思ってます。私は評論家じゃなく、一「メタルラバー」ですから。
 おかあかさんのBLGOタイトル変更もプロフ写真変更も、前進しようとする強い決意が感じられます。がんばってくださいね。
by stromblad (2005-08-28 11:49) 

masa63

ジューダスを聴かなくなって久しいです。最後に聴いたのが「復讐の叫び」(原題忘れました)で、今でもお気に入りは「Hell Bent for Leather」なんですよねぇ~。
by masa63 (2005-08-28 22:25) 

oka-ka-i-love-rock

こんばんわ。訳あって再登場です。
実はstrombladさんのSENTENCEDの記事にTBさせて頂いた記事があります。
お手数をおかけしますが、strombladさんの方からもTBして頂けませんか?
ご面倒をおかけしますm(_ _)m よろしく....
by oka-ka-i-love-rock (2005-08-29 02:56) 

stromblad

>tanamasa63さん
いつもコメントありがとうございます。「復習の叫び」は原題「Screaming for Vengeance」です。この辺でMetalGodとしての格が決定的になりましたので、これ以上重いのはちょっと・・・ってなったんですかね? 「Hell Bent for Leather」(殺人機械)も、今聴いても格好良いですよね。
by stromblad (2005-08-29 13:18) 

stromblad

>おかあかさん
了解です。TBしときますね~。
by stromblad (2005-08-29 13:19) 

stromblad

2つ上、復習→復讐の間違いです、はじかし・・・
by stromblad (2005-08-29 22:56) 

yubeshi

あー!私もりでぃあさんと同じくこのアルバムは初ジューダスでした。
当時中学生だった私にはこのアルバムのキャッチーな内容はピッタリでしたね。王道ではないと思いますが、ベテランならではセンスの良さが光る作品だと思います。
by yubeshi (2005-08-30 22:45) 

stromblad

>yubeshiさん
こんばんは、nice&コメントありがとうございます。このアルバムが初JUDASと言う方結構いらっしゃるんですね。繰り返しになりますがなんか嬉しい!JUDASとしては王道ではないかもしれませんが、脇から本道に入ったっていいですよね。 ・・・以前QUEENを「フラッシュゴードン」から入ったと言ったらマニアの人に「邪道だ」と言われたのがトラウマになってます・・・ まあ「TURBO」はそこまで外れてないと思いますし。
by stromblad (2005-08-30 23:11) 

りでぃあ

ダッダッダッダッフラッシュオオ~♪
「フラッシュゴードン」からクイーンに入ったら邪道なんですか?!確かに映画はおせじにも1級とは言えないかもしれませんが、あの音楽にはクイーンならではの茶目っ気があって結構好きだったような覚えがあるんですが・・・。何がきっかけでもそれがきっかけでバンドと出会えたことが重要なんですし、そんなトラウマ忘れちゃってくださいね!
・・・と再びおじゃましました。「フラッシュゴードン」と聞いて思わず出てきてしまいました。

>yubeshiさんへ。
初ジューダスが「TURBO」なんですね。またまた共通点を発見してなんだか嬉しいです♪
by りでぃあ (2005-08-31 23:55) 

stromblad

>りでぃあさん
再びご来店ありがとうございます。別にいいですよね、初クイーンがフラッシュゴードンだって・・・その「ダッダッダッダッ」というのが格好いいと思えてしまったんですから・・・ そうだ、これもいつか記事にしよう。
by stromblad (2005-09-01 00:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。