So-net無料ブログ作成

Ten Thousand Fists ~ DISTURBED [ ∟00's HM/HR]

昨日から先ほど帰宅するまで、BLOG見る時間すら取れないめまぐるしさでございました。ふうっ。

アメリカではBON JOVIの新譜を抑えて初登場第1位になったというアルバム、Disturbedというバンドの「Ten Thousand Fists」を聴いてみました。

このバンド、本作だけではなく前作もアメリカではかなり売れたみたいですね。私が知らなかっただけ・・・恐らく人気・実力共にUSA No.1のバンドなんでしょう。

私がアメリカで売れているというアルバムを聴くのは、記憶に無いほど珍しいことです。長いこと、90年代以降は意図的にそっぽ向いてましたから。つまり、アメリカで売れる音楽は私には合わない、という思い込み。が、本作はタイトル曲試聴して一発でそんな思い込み、固定観念を払拭してくれました。それだけの有無を言わさぬパワーをわずか数十秒の試聴で感じ取れたんです。

しばらく北欧のメランコリックなメロディに浸っていた最近なのですが、このアルバム聴いて、まるでK-1のリングサイドにヘッドロックされて引きずり出されたような感じです。

このアルバムの音は、アルバムタイトルとジャケットの絵のまんま、
「拳をかざせ!! 高く突き上げろ!!」
そういう音だと思いました。

 格闘技の世界に通じる男臭さというか、スラム街のアームレスリングチャンプみたいな雰囲気の力強さとヘヴィネスに満ち溢れています。恋愛とかそういうものとは縁の無い、筋肉の強さを感じる音ですが、MANOWARのようなピュア・メタルやバイキングメタルのような汗臭さは意外と無くて、強いけどスマート、密かにインテリジェンスもありそうな、この辺が今時のメタルの音なんですかねえ。

ザクザクして鋭いギターリフは、例えるなら日本刀ではなく薪を割る鉈のような、マグロをさばく四角いどでかい包丁(名前知らない)のような切れ味。いや切ると言うより叩き割るという感じです。 リズム隊の放つ重低音は横隔膜に響きまた脳みそ揺さぶります。 そしてこのバンドの音の一番のインパクトは、Vocalの圧倒的な歌唱力にあります。私のヘタレな耳でも、この歌の巧さはさすがにわかります。声質もハスキーで男の色気に溢れており、熱狂的な女性ファンであればこの声を聴くだけでイケそうです。

曲の方、↑のような男臭い力強さ、重量感にて、結構親しみやすいメロディを聴かせてくれます。サビがどの曲も秀逸で、どれもシングルカットできそう、というのはRasmusに引き続き同じ感想ですね・・・ある意味、こちらも間口の広い、万人向けのメタルかもしれません。RASMUSと違うのは、あちらはRASMUSを気に入っても受け付けないHM/HRというのは多く存在しそうですが、DISTURBEDを気に入った方は大抵のメタルはOKと思われます。

まだ聴き込み浅い部分がありますがいくつか取り上げますと・・・

まず1曲目「10,000 Fists」がまさに最高の1曲、キャッチーなメロディをキャッチーと思わせない重量感、圧倒的なパワーに初っ端で打ちのめされます。「キラーチューン」というのはこういう曲のことををいうのであります。

5曲目「Stricken」はシングルになっていることもあり、1曲目と同レベルのインパクト。デスメタルにも負けない重く激しいリフによるイントロから歌メロ、そして情感高らかな覚えやすいサビメロ。ギターソロがきちんとある辺りは、80年代メタルファンにも受け入れやすい曲の展開です。

7曲目「Son of a Plunder」、本アルバム中では地味な存在ですが、実は一番格好いい、哀愁味のあるサビで、メロディとしてはかなりのお気に入りです。導入部の無味さ、非情さ加減がサビと中間部のメロディアスなフレーズをを引き立てます。

そして続く8曲目「Overburdened」はパワーバラードといえる、激しい痛みを伴う切なさを思わせる曲です。いや、アメリカのバンドでこういう「泣き」の曲を聞かせてもらったのは久々です。 ちと古いですがY&Tの「This Time」や「Hands Of Time」を彷彿させます。出自はNUメタル、アメリカンヘヴィロックだと思いますが、この辺りからは正統派のアメリカンHMの要素も持つことを思い知らせ、これまでのHMを土台にして次代を担う存在であることを確信させます。

※私はアメリカのHM/HRというとVAN HALENでもGUN'SでもMETALLICAでもBON JOVIでもなく、Y&Tを思い浮かべるという変わり者ジジイです。

あと、最後の14曲目「Avarice」は、本アルバム一番の疾走感を持っていること(他の曲も遅くは無いですが)、またダークネスを感じさせる曲調が、若干異彩を放つ1曲です。

その他、2,3,6,12,13曲目あたりもかなり聴き易さと重低音ゴリゴリザクザクさの同居した、美味しいHM満載です。かなり高得点のアルバムですが、あえて難をあげるなら、似た曲調が多いのでややダレることくらいかな。曲数は同じ値段で11曲くらいでも問題なかったっす。

もう少し私の「引き出し」にいろんなバンドのいろんな曲があれば、あのバンドのあの曲にここは雰囲気が似ているとか言えるんですけど・・・ いろんなジャンル・曲の要素が詰まっているけれども、それらをうまく自分達のものにして、(アメリカンHMの)王道ど真ん中を突き進んでいると思いました。

曲目:
1.10,000 Fists
2.Just Stop
3.Guarded
4.Deify
5.Stricken
6.I'm Alive
7.Son of a Plunder
8.Overburdened
9.Decadance
10.Forgiven
11.Land of Confusion
12.Sacred Life
13.Pain Redefined
14.Avarice

http://www.disturbed1.com/

試聴サイトはこちら。

http://www.mtv.com/bands/az/disturbed/artist.jhtml (PVも見れます)

http://msf.m-qube.com/disturbed/

テン・サウザンド・フィスツ

テン・サウザンド・フィスツ

  • アーティスト: ディスターブド
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2005/09/28
  • メディア: CD
 
 
以前ザックワイルドの「Mafia」のレビューでも同じことを言いましたが、青少年はこういうメタルを聴くべし。私も息子にこういう音楽を格好いいと思えるBOYになってもらいたいなあ。 娘にはもちろんThe Rasmusです。
さて、次はどのCDをレビューしようかな。
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 6

愛染かつら

あれれ?!
昨夜、コメント入れたのに残ってないやー。
なんだか昨夜からヘンですねー。

私もディスターブドは好きですよ。
このアルバムもラジオで紹介されていた時から、なかなか良いなぁーと思ってました。
まさにオトコ臭いバンドですよねぇ。
by 愛染かつら (2005-10-05 14:15) 

stromblad

>愛染かつらさん
こんばんは。nice&コメントありがとうございます。 今も変ですね、サイドバーの最近のコメントに愛染さんのこのコメントが出てこない・・・
Disturbedも聴かれるとのこと、色々聴かれるんですね~(私は雑食で節操が無いだけですが) 話が通じて嬉しいです。
by stromblad (2005-10-05 21:27) 

yubeshi

視聴してみました。カッコイイです♪
こういう音も若い人に受け入れられるんですね。青少年が聴くべし!大賛成です!
by yubeshi (2005-10-05 23:43) 

stromblad

>yubeshiさん
こんばんは。復活お待ちしておりました。またよろしく御願いします。本文で能書きたれてますが、やはり青少年には難しいこと考えずとも、ストレートに格好いいと思える音楽を推奨したいですね・・・ ってますます言うことがジジイです。感染らないようお気をつけ下さい。 niceありがとうございます。
by stromblad (2005-10-05 23:57) 

りでぃあ

strombladさん、おはようございます♪

今日は、久々にちょっとまとまった時間がとれているので、
順番にstrombladさん、おすすめのアルバム試聴してみました。
まずは、このバンド、ディスターブド。
ジャケットを見ただけでは、多分、私は手に取らないアルバムですね~(笑)。
実際の音は「青少年が聴くべし」、納得です!!
こういう音楽聴いて若さ故の怒りとか不満とか発散させたら・・・って、
私も言うことがおばさんじゃん(苦笑)
by りでぃあ (2005-10-11 11:17) 

stromblad

>りでぃあさん
3連続コメントありがとうございます。では順番に・・・ 「若さ故の怒りとか不満とか発散する」ところにROCKの原点ってありますよね。 特に野郎はそういうところをROCKに求めて聴いてほしいと思うわけですよ・・・ って一緒になってジジババになっていただきありがとうございます m(_)m 
by stromblad (2005-10-11 12:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。