So-net無料ブログ作成
検索選択

Blood Sample ~ WALTARI [ ∟Finnish Metal/Rock]

WALTARIキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!

すみません、久々と言うのに。私がフィンランドのHM/HRに注目するきっかけになったバンド、WALTARIの、9/21発売された新譜「Blood Sample」を入手できましたので、今日はこちらを取り上げます。 知らない人がいらっしゃいましたら名前だけでも覚えて欲しい、その位好きなバンドなんです。

以下、ちと長くなりますのでご了承の程。

この方達ももうじき20年というキャリアになるベテランです。以前の記事でも取り上げましたが、フィンランドのバンドといっても他のバンドのような叙情的な哀愁メロディを奏でるという訳ではなく、HM/HRベースに、デスからラップからテクノからダンスミュージックから、アルバムによってはクラシックまで取り混ぜた、ごった煮変態メタル、ジャンル訳不可能、アルバム一枚ごと、曲1曲ごとに色・展開が変わる、予測不可能な音を出すバンドです。

ちなみに、iTunesにWALTARIの曲をインポートしますと、ジャンル表記が「Space Avenue」は"Dance"、「Decade」は"Alternative"、そして本作「Blood Sample」は"Metal"と表記されます。

 ただ、音楽的にバラバラと言う感はなく、全て自分のものにした上でごちゃ混ぜにして、独自のWALTARIカラーとも言える色を持っている、実は高い音楽性と技術を持った天才集団とも言われております。 ・・・もっともさらっと聴く分には、陽気なパーティロック、お祭りロックなだけで、気張って聴く音楽でないことは確かです。

とはいえ、前作「Rare Species」は良質でWALTARIの音であることに変わりないものの、実験的変態的要素=ハジケ具合が減り、大人になってしまったなあという感がございました。(いずれまたレビューしたいと思いますが)

で、本作です。初聴きの感想は冒頭に書いた一言に尽きます。

まず、「メタルに戻ってキタ!!」と思えるヘヴィネス、スピードが嬉しいです。切れ味鋭いギターリフやソロだけ聴くとHM以外の何者でもないと思えますし、ドラムもメンバーが変わって重量感が増した気がします。 もちろんこのバンドはいろんな音楽をやるので、リズムマシーンの部分も結構あるんですけどね。

そして、変態っぽさが戻ってキタのも嬉しい。前作よりとんでもない音を出したり曲展開をさせる曲が多くあり、どっち向いてるか判らない、感性の赴くまま何も考えずに曲作ったんではないか(実際はその逆と思われますが)と思える、このハジケ具合は他のバンドでは聴けるものではございません。

フレーズ・サビのメロディアスな点は健在です。本作では北欧らしい叙情味溢れる曲もありますが、やはり基本的にはファンキー・ファニーな音作りで、これまでのWALTARIファンの期待を裏切りません。

 さて、WALTARIのアルバムは大抵曲数多いんですが、本作は全17曲79分とかなり長め。Part1とPart2の2部構成、境目の曲では数分の無音部もありますが、残念ながら歌詞をダイレクトに解せないので、1と2の間にどのような意味の違いがあるかはよくわかりません。が、アルバム自体にはいろんな込められた物があるようで、そちらはオフィシャルサイトのほうで簡単に紹介されております。(長くなりすぎるのでここでは割愛します)

1曲目「Helsinki」は、本アルバムの特色を最初に総括してしまっている曲で、とても印象的なオープニング・キラーチューンと言えます。前述の通り、1曲目のイントロで「メタルに戻ってきたーー!!」と思えるヘヴィで格好いいギターリフにて曲が始まり、妖しい低音のクリアボイスによる(多分)フィン語の歌メロ、そしていつもの爬虫類系のヌメッとした、でも硬い質の声にて歌われるサビは、日本の演歌っぽさすら感じさせる湿気高めの哀愁メロディ。WALTARIで哀メロというのは結構珍しいのですが、これがRASMUSにも負けないほど印象的です。そんな感じで曲が続くかと思えば、中間部ではデスボイスあり、RAP調ありと、いろんな要素が交じり合っています。が、バラバラという感じはなく、やはり色んな色が混ざって1つの良い味を出している、そんな風です。しかも噛み締めるほどに素材の味が楽しめる、美味な1曲。

2曲目「Not Enough」はシングルカットされ、本blogで以前レビューしております。聴きやすさという点ではやはり本アルバム中でシングルカットに相応しい1曲です。改めて聴くと、う~ん、ヘヴィ。

5曲目「New York」は本アルバムで2番目にヘヴィでスラッシーな曲です。低音の効いたギターリフと激速のリズム、間奏ではいかにもなギターソロも入るし、デスボイスもちらっと入ります。・・・が、いかんせんVOCALのKärtsyの声が、合ってるようで合ってないので、雰囲気としてファニーなんですね。

7曲目「All Roads Will Lead To Rome」は本作のハイライトの一つです。これもまたいろ~んな音楽が混ざった、ダンサブルなメタルです。・・・でもこのスピードで踊ると足つるぞ。ラップ調のVOCAL、ドコドコしたでもスピード感あるドラム、ディストーションの効きまくったギター、トドメのキャッチーなサビ。彼らの代表曲になりうる名曲です。格好いい!!

8曲目「Digging Inside」は打って変わってダークな雰囲気のスローナンバー。古城の暗い地階を彷徨っているような気分になります。

Part2になりまして、9曲目「Fly Into The Light 」はまたうって変わって、「Space Avenue」の頃に戻ったような、クラブ(ハウス?)ミュージックmeetsメタルみたいなダンサブルな曲です。リズムマシーンによる一定のリズムと重低音ザクザクギターリフの組み合わせがマッチすると思えてしまう、他のミュージシャンでは恐らく有り得ない曲です。こんな曲をここまでヘヴィにしていいのか?

10曲目「Shades To Grace 」はまたまた変わって、オーソドックスなバラードロック。これまで息つく暇もなく曲が進んでくるので、一息ついて物思いにふけってみようか、と聴き込みに入ってしまいます。サビ~ギターソロの部分は結構ヘビですが、ギターソロは珍しく「泣き」も入ってます。・・・ただ、ときたま入る、ノイズかと思う「ピー」という効果音が、なんじゃこりゃ?なWALTARIらしさ。

13曲目「Pigeons 」は後半のハイライトです。これはフランスをあらわす曲なんだそうですが、聴いた感じは誰が聴いても恐らく「アラブ民謡とROCKの融合」になると思います。(フェニキア文明の影響を受ける地中海沿岸国家のひとつということでフランスなんだそうな) ハーレムのお姉ちゃんがなまめかしく腰振って踊る様子が目に浮かびます。中間部のアコギによるソロ、密かにバカテクです。こんなに早くアコギを弾くのはイングヴェイくらいですか。

14曲目「Exterminator Warheads 」はまるっきりデスメタル。激速ブラストビートと邪悪感たっぷりのリフは本職のバンドも真っ青ですが、間にふざけた調子のボーカルをいれるところはやはりWALTARIらしいというかこんなこと彼らしかやらないでしょう。

16曲目「Wide Awake 」は序奏~Aメロのアコーディオンのメロディが切なく、北欧らしさも感じさせます。ヘヴィでメタリックなBメロからRASMUSばりの叙情的でキャッチーなサビのメロディ、そしてまたアコーディオンの美しいメロディへ、と展開していく曲構成は鳥肌ものです。静と動のコントラストも明確で、それでいて変態っぽさが少ない、秀逸な1曲。

ラストの17曲目「Julia 」はビートルズを連想させる、物憂げなバラードロックで、本作では一番まとも?な曲です。鎮静剤的な、癒しの効果もあるようで、聴き終わった後には「さあて、明日も頑張るかーー!」と言いたくなってしまいます。

長くなりました。特徴のある曲だけ書いてもこの剣幕、書かなかった曲も佳曲揃いで、本当にご馳走様な1枚でございます。

 

曲目:

PART 1
01 Helsinki
02 Not Enough
03 Too Much Emptiness
04 Never
05 New York
06 I'm In Pain
07 All Roads Will Lead To Rome
08 Digging Inside

PART 2
09 Fly Into The Light
10 Shades To Grace
11 Aching Eyes
12 Back To The Audio
13 Pigeons
14 Exterminator Warheads
15 Darling Boy
16 Wide Awake
17 Julia

http://www.waltarimusic.com/international/

試聴サイト見つけられませんでした。本作以外のWALTARIの試聴サイトはこちらからどうぞ。

http://www.amazon.de/exec/obidos/search-handle-url/index=music-de&field-artist=Waltari/ref=sr_sp_dp_2_1/302-9291543-9319227

http://www.waltari.de/discography/spaceavenue/index.htm

(追記:05.11.27)
短いながら全曲試聴できるサイト発見!! ↓からどうぞ。
http://www.sonybmg.cz/titul/waltari/blood-sample/2042,7305

アルバムもまだ本国フィンランド以外ではチェコとスロバキアくらいでしか売ってないみたいです。  私はオフィからこちらでオーダーして取り寄せしました。注文後1週間で届きました。また、以前DVD買ったときにも使いましたが、その時は3日で届きました。海外サイトのネットショップではトラぶった事があるだけに、感心感激しました。さすがフィンランドは日本から一番近いヨーロッパ、また国民性も勤勉実直と聞いております。ある程度信用は出来るかと思いますし、簡単な英語がわかれば問題なくオーダーできると思いますので、興味を持たれた方、いかがですか? おいしいですよ!? (あ、万一トラぶっても自己責任でお願いします・・・)

(追記:'05.11.27)

HMVで取り扱いが始まりました!! ↓をチェック!!
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1424099

この1週間はむちゃくちゃ忙しくて、本記事を書きたいのに書けない鬱憤がたまっておりました。そのためこんなに長くなってしまいましたが、ここまでお付き合いして読んでくださった方、本当にありがとうございました。


nice!(4)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 12

oka-ka-i-love-rock

「便りのないのが元気な証拠」と思っておりましたが、
お忙しかったのですね。
お疲れ様でした。strombladさんの熱意がものすごく伝わってくる、素晴らしいレヴューです。
でも一般的に発売されていないのですよね....(・・;)?
自分で視聴できるツールを作ることってできないんでしょうかね?
レヴューの紹介だけでは物足りない時、ありますからね。
これからもどしどし紹介して下さいね。
(でも、私はその中で何枚聴くことができるのだろう....?)
by oka-ka-i-love-rock (2005-10-09 08:16) 

stromblad

>おかあかさん
こんばんは。nice&コメントありがとうございます。 皆さんのBLOG訪れるより自記事の更新を優先させてしまいました、その位気に入っているということでご勘弁ください。
自分で試聴ツールを作る・・・できたらいいですね、確かに。 百見は一聴にしかず、ですからね。ネットラジオの開設とか手はあると思うんですが、勉強不足&貧乏暇なしなもので・・・
 それでも本BLOGは引き続き頑張ります、励ましのお言葉本当にありがとうございました。
by stromblad (2005-10-09 18:35) 

masa63

正直、デスメタルとかグランジ系は得意ではないのですが、
このアルバムはバラエティに富んでいるようなので興味あります。
by masa63 (2005-10-10 01:16) 

stromblad

>tanamasa63さん
こんにちは。コメント&niceありがとうございます。 本アルバムはおっしゃる通り非常にバラエティに富んでいる上、聴き易いこともありますので、私としては多くの人に薦められるアルバムではあります。入手の難しさという難点はありますが・・・ 機会があれば是非。
by stromblad (2005-10-10 12:28) 

りでぃあ

Starombladさんの熱い思いが伝わってくるレビューですね!
「ごった煮変態メタル、ジャンル訳不可能、予測不可能な音を出すバンド」
↑この言葉に大いに魅かれています(笑)。
旧譜をちらっと試聴してみたのですが、結構好みでしたね~♪
アルバム全部を聴いてみたいと思いました。
がんばって入手してみようかな~(^^)V
by りでぃあ (2005-10-11 11:26) 

stromblad

>りでぃあさん
駄文ですが熱意を汲み取っていただけたようで嬉しいです。 りでぃあさんも「入手困難」なんて聞くと燃えてくるタチではございませんか? ギターもばんばん前に出てきますし、入手の苦労には応えてくれるお薦め作品です。
by stromblad (2005-10-11 12:19) 

WALTARI/Blood Sample ヤフオクに出しました。

なぜ出品なのかはコメントどうりです。
業者じゃないので、お得な値段で出品中です!入手にお困りな方どうぞ。 http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h30784456
フィンランドのCD屋注文後に全くメールが無いのは不親切ですよね。
by WALTARI/Blood Sample ヤフオクに出しました。 (2005-11-03 15:22) 

stromblad

こんにちは。私はヤフオクはやったことがないのでよく分かりませんが、これを読んだ心得のある方は↑ご参考ください。
 Stupidは何の連絡もなくいきなり送りつけてきますね。注文を受け取ったかどうかの連絡メールくらいは確かに欲しい気はします。幸い、何回か買いましたがトラブルは今のところありませんけど・・・
by stromblad (2005-11-03 18:06) 

鎚鋸

激熱レビューですね!!!
入手困難なCDほど
出会えたときにこの上ない喜びが感じられます。
きっとここまで推薦されているのならば、
入手に乗り出す価値がありそうです!!!
財布の中身と一緒にガンバりまーす!
by 鎚鋸 (2005-11-29 11:34) 

stromblad

>鎚鋸さん
こんにちは。nice&コメントありがとうございます。 好き嫌いの分かれる音かもしれませんが、鎚鋸さんは多ジャンルにわたって聴かれる方のようですから、WALTARIイケルかと思われます。(hideに似てるらしい・・・何が似ているのか私はhideを知らないのでよくわかりませんが)
by stromblad (2005-11-29 13:50) 

ウエケン

というより、最後のJuliaはもろビートルズのカヴァーですね(笑)
かなり本物に忠実ではあるような気がします。
by ウエケン (2006-07-16 10:57) 

stromblad

>ウエケンさん
ご無沙汰しております。「Julia」の件はおっしゃるとおりですね! いやビートルズはほとんど知らないのでお恥ずかしい限り・・・ 折をみて本文修正しますわ。 そうですか、オリジナルに忠実ですか。ちょっと意外です。
by stromblad (2006-07-17 22:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。