So-net無料ブログ作成
検索選択

Highest Hopes ~ Nightwish [ ∟Finnish Metal/Rock]

先月、バンドの顔であるTarja嬢を解雇してフィンランド周辺では大騒ぎになった、恐らくかの地のトップバンド、NIGHTWISH。 こちらのベストアルバムがこの騒動に先だって発売され、かなり売れてるみたいです・・・ 私自身は今年になって「Once」で初めて聴いたんですが、結構良かったんで、(半ば衝動買いですが)最近出たベストに手を出してみました。



NIGHTWISHの何が良かったって、「ONCE」収録の「Wish I Had An Angel」という曲がめちゃくちゃ気に入ったんであります。

今更な解説ですが・・・このバンドの音はメロディアス・シンフォニックどメタルを、女性Voがオペラティックに歌い上げるという、今ではゴシックメタルの定番とも言えるスタイルですが、パワーとスピードがきちんとのっていて、単純に「メタル度」の高さと北欧的哀愁メロディがウリと言えるかと思います。

プラスして、群を抜いた女性Voの歌の上手さ。元々クラッシックの人(現役でもあるらしい)なので、オペラぽい歌い方はもちろんですが、ロック(ポップ)的歌い方も私は結構素晴らしいと思います。

個人的にはやはり後者、地声に近い声質での歌パートが好きです。(オペラっぽく歌うとメタルでなくて本当にオペラに聞こえてしまうので)

 また、何曲かで男性Voが参加して女性Voとの掛け合いなども聴けるのですが、この男性Voがまたうまい!! 味のある声です。・・・って調べたらこのMarco Hietaraって言う人、"TAROT"のボーカルではございませんか!? (っ名前だけで音は聴いたこと無いです、ごめんなさい) 一時はロニー・ジェイムス・ディオそっくりと言われた方らしいですね。Nightwishではディオっぽくはありませんが。どうりで上手いわけだ、80年代から本職でメタル歌っている人なんですもの。

Tarja嬢が抜けてバンドは新しい女性ボーカルを探すとのこと、私なんかはMarcoに歌わせればいいじゃんと思ったりもしたのですが、TuomasはMarcoをメインボーカルにはしないと言っているようです。

 曲の方ですが、まあベスト版ということで捨て曲などある訳もなく、みな素晴らしい出来です。多少曲順等考えてバラエティに富むような構成にもなっていますが、まあ一種「パターン」みたいなものがあるバンドですから、似たような曲調のものが多くなってしまうのはいた仕方ありません。

個人的には「Once」のイメージが強いので「Once」からの曲、ダンスビートmeetsシンフォニックメタル、MarcoとTarja嬢の歌の掛け合いがとても格好いい1曲目「Wish I Had An Angel」(しつこいですが名曲です!!)と、やはり歌い方が優しくメロディの美しい7曲目「Nemo」がやはり出色です。

が、旧譜からは以下の曲あたりがお気に入りになりました。

まずTarja嬢の優しい歌声で哀愁メロディを紡ぐ4曲目「Ever Dream」。

フィンランドでリミックスがシングルカットされて1位になったバラード、8曲目「Sleeping Sun」。

ちょっと粘着入った男性Voが情感たっぷりに歌い上げる、疾走感が気持ちよいスピードナンバーの9曲目「Dead To The World」。「Wish I・・・」を除いて一番のお気に入りです。

静かでスローな入りから泣きのギターソロも交えて後半になるにつれて徐々に盛り上がっていく、ドラマティックな曲展開をみせる12曲目「Walking In The Air」。これは泣ける曲です。

オペラ的歌唱、インパクトのあるサビ、刻むギターリフが格好いい、このバンドの特徴をよく見せる13曲目「Wishmaster」 などなど。

タイトル通り、舞台でのあの有名な曲を主題として用い、サスペンス・オペラ的な色が楽しめる15曲目「Phantom Of The Opera」もなかなかいいです。
(でも「Phantom Of The Opera」といったらやっぱメイデンです)

・・・おっと大事な曲を忘れてはいけません。 曲リストを確認せずに買った本作ですが、聴きたいと思っていたあの曲、Gary Mooreのカバー「Over The Hills And Far Away」も入っているではありませんか!! ラッキー、EP買わずに済んだ。

こちらの方ですが、原曲に忠実とは言えませんが、崩しすぎず適度にNightwish色がついて、聴ける1曲になっています。 というかTarja嬢が歌っている時点でNightwishになってしまうのですが。 音域が違うためか、フレーズの節目でオクターブ上げ下げするのはやむを得ませんかね。 オペラ的歌い方はあまり合っていないような気が・・・ ギターは流石にねえ、御大とまるきり一緒って言うわけには行きませんね、特にソロの「泣き方」などは。でもギターの音色などをそっくりといって良いほど近づけているリフもあり、Gary Mooreへのリスペクトが伝わって来ます。 もう私にとって名曲中の名曲であるこの曲をカバーしたというだけで、NIGHTWISHエライ!!となってしまいます。

ちなみにジャケ見てたら書いてありました、Tonny Kakkoがこの10曲目にBacking Vocalとして参加とのこと。トニー・カッコ、聞き覚えある名だ・・・カッコ、括弧、郭公・・・ ソナタ・アークティカのVoaclじゃないですか。 そうと知って聴きなおしても全然分かりません(泣)

DVDもついていましたがまだ見てません。後日の追記とさせてくださいm(__)m

Disc: 1
1. Wish I Had An Angel
2. Stargazers
3. Kinslayer
4. Ever Dream
5. Elvenpath
6. Bless The Child
7. Nemo
8. Sleeping Sun
9. Dead To The World
10. Over The Hills And Far Away
11. Sacrament Of Wilderness
12. Walking In The Air
13. Wishmaster
14. Dead Boy's Poem
15. Phantom Of The Opera
16. High Hopes

Disc: 2
1. She Is My Sin
2. Kinslayer
3. Dead To The World

http://www.nightwish.com/
http://www.nightwish.jp/

↓でちょっとだけ試聴できます。(要WMP)
http://swisscharts.com/showitem.asp?interpret=Nightwish&titel=Highest+Hopes+-+The+Best+Of+Nightwish&cat=a

Highest Hopes

Highest Hopes

  • アーティスト: Nightwish
  • 出版社/メーカー: Universal
  • 発売日: 2005/10/03
  • メディア: CD

私は貧乏ですので、UK版の安いものを買いましたが、えらい高いバージョンもあるなと思っていたらCD3枚組で収録曲も多少違うようです。(邦盤がそうなる?詳しくはこちら。) Nightwishを聴きつづけてきたファンの方は財布に余裕があればこちらでしょうかね。
Highest Hopes: The Best of Nightwish

Highest Hopes: The Best of Nightwish

  • アーティスト: Nightwish
  • 出版社/メーカー: Universal International
  • 発売日: 2005/09/27
  • メディア: CD

来年1月に出る邦盤のDVDは字幕付ですって。HMVで予約始まってますね。http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?SKU=1426874

 ついでですが調べてたらTAROTって昨年にアルバム出してたんですね。聴いてみて~

Suffer Our Pleasures

Suffer Our Pleasures

  • アーティスト: Tarot
  • 出版社/メーカー: Metal Blade
  • 発売日: 2004/03/09
  • メディア: CD

<今日のチョコ>

アルバムと全然関係ありませんが、昨日食べたら結構美味しかった。

ホワイト雪アポロ : 明治製菓

<お知らせ>

12/1(明日)から4日間ほどPCが使えない状況となるため、明日以降にいただいたコメント等に対しお礼が遅くなりますこと、あらかじめお断り申し上げます。ご容赦の程御願いいたします。 それでは皆さんまた来週!!


 


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 8

鎚鋸

ANGRAとのセットで来日したときは
(当初はANGRAを見るつもりで参戦したのですが)
先発の彼女らのパフォーマンスに感動して
メインディッシュ前に満腹感を味わえました。
Tarja嬢のあの声、気に入っていたのに…残念です。。
by 鎚鋸 (2005-11-30 01:35) 

stromblad

>鎚鋸さん
こんばんは、niceありがとうございます。 Tarja嬢の件は確かにとても残念ですが、新しいVocalに期待しましょう。
by stromblad (2005-11-30 01:44) 

愛染かつら

いかにも北欧の寒々としたジャケがいいですねぇー。
音の方は割りと好みなのですが、どうにも女性ヴォーカリストに魅力を感じないんですよねぇ、私。
あ、嫉妬心からかしら?!(笑)
by 愛染かつら (2005-11-30 16:25) 

stromblad

>愛染かつらさん
nice&コメントありがとうございます。ジャケは確かに北欧らしくて私もお気に入りです。 女性vo、私も昨年までは全く興味ありませんでしたね~ 個人的にはオペラ的な歌唱よりも「ロックしてます」!みたいな雰囲気の歌声の方が好きです。愛染さんの歌はもちろん後者ですよね。
by stromblad (2005-11-30 18:35) 

masa63

> メロディアス・メタルを、女性Voがオペラティックに歌い上げる・・・
最近購入した「EPICA」と「After Forever」もそんな感じでした。
by masa63 (2005-11-30 23:46) 

stromblad

>tanamasa63さん
コメント大変遅くなり申し訳ございませんでした&niceをありがとうございます。
EPICAとAfter Foreverは私未聴ですが、どちらも欧州では人気のあるオランダのゴシックメタルバンドですよね。このNIGHTWISHやWithin Temptationほどには日本では評価されていないようですが・・・女性Voのゴシックが好きな人は要チェックな音なのでしょう、きっと。    私はこの1枚で少なくとも今年は満腹です。
by stromblad (2005-12-05 15:15) 

くろはち

まいど。TAROTのSUFFER OUR PLEASUREは絶対に名盤でございます。フィンランド産というよりは100%ワールドワイドメジャーサウンドで、METTALICA(80年代)とDIOが合体したような音ですよ。マジでちびります。
で、NIGHTWISHの男ボーカルが前からカッチョええな~、と思っておきながら、TAROTのおっさんだったなんて知りませんでした。TAROTは全部持っとるんですけど、何という大ボケっぷり。困ったもんです。
by くろはち (2005-12-08 02:30) 

stromblad

>くろくろさん
こんにちは、またまたお越しいただきありがとうございます。そうですか、TAROTの「Suffer・・・」は名盤でございますか! それは是非是非聴いて見なければ!!お薦め情報ありがとうございます。最近更新が滞っておりますがたまに来ていただけるととても嬉しいです、師匠。
by stromblad (2005-12-08 07:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。