So-net無料ブログ作成

MEZMERIZE ~ System Of A Down [ ∟00's HM/HR]

 今更なのですが、2005年も間も無く明けるということで、本年最高傑作の呼び声が高い、SYSTEM OF A DOWN の前作「MEZMERIZE」を聴いてみました。

 

皆様ご存知の通り、System Of A Down(以下S.O.A.D)は、つい先日新作「HYPNOTIZE」が出たばかりです。

私はS.O.A.Dは聴いたことがなかったのですが、BarRamEweさんファランさんのところで絶賛されているのを見て、試聴などする中で興味が出てきたのですが、新作が出るということでそちらの方から聴くつもりでした。

が、BarRamEweさんの薦めや、皆様の新作レビューを見て、これはやはり前作から聴くべきだと思い直した次第です。

新作がまだ未聴ですので、順番的にどうだったかというのは正直まだわからないのですが、1枚のアルバムとしてこれは私にとっても大当たり!でした。確かに皆さん絶賛される通りです。

 皆様のレビューを見ておりますと、変態・変則的という言葉をよく目にします。唐突なリズムチェンジ、1曲の中での曲調の変化、変幻自在のボーカルなどから得る印象はまさにその通りです。 これが難しい印象どころか、「あほや~」と思える親しみ易い面白さ。

変態メタルというと、私にとっては「WALTARI」です。 が、質そのものは違います。
 WALTARIのそれは、違うジャンルの音楽がごちゃ混ぜになっていて、次の展開が読めない、どきどきわくわくするといった感があるのです。例えるならビッグサンダーマウンテンの面白さ。
 対してS.O.A.Dも、ポルカとか変なジャンルが多少混じっていますが、世界観が妙というか、何があるのか分からない知らない世界を見るどきどき感です。例えるならばホーンテッドマンションの面白さですかね。

 2つのバンドに共通して言えるのは、やはりVocalの声質・歌い方、歌い方の変化に変人奇人ぽさがある、ということ、そしてもう1つは、実はものすごく技術もあってインテリジェントで、曲の構成や展開が緻密に計算されて作られているにも関わらず、決してそのように感じさせない(むしろバカっぽくでたらめにやってる印象すら感じさせる)ところ、と私は思いました。

質は違いますが、恐らくS.O.A.D.のこのアルバムを気に入った(楽しめる)方は、WALTARIも楽しめると思います。  ・・・・たぶん。・・・・・

 話が逸れました、すみません。

ベースにはやはり特徴的・個性的な哀愁たっぷりのメロディがあります。(この辺がアルメニアンなんですかね?) そして、メタルしているところはザクザクとした、ヘヴィでアグレッシブな爆音メタルです。 更に、前述のような意表をつく多彩さが加わることで、私は思いました。これは、ヘヴィメタルファン・ラウドロックファン以外の人でも聴ける可能性を持った、非常に門戸の広いかつ奥深い音楽ではないかと。

とまあ、そんな堅苦しいこと考えずとも、このアルバムは単純に格好良くて、楽しい(ちょっとだけ哀しい)メタルです。といってまとめてしまうのが一番いいメタルです。

 曲の方ですが、1曲目「Soldier Side」のバラード以上に哀しげでスローな曲調に、続けてヘヴィなリフで始まる2曲目「B.Y.O.B」のイントロまでは予想通りの展開、しかし奇声で始まるVocal、その後はもう滅茶苦茶と言うこともできるほど、変化に富んだ、様々な調子の混在する且つインパクトのある曲です。中間部の落ち着いたメロディと、その前後のスラッシーなフレーズ、グルーヴィなサビへ、と怒涛の展開は息つく暇もありません。

つづく楽曲もどれもレベル高く、佳曲が続きます。

3曲目「Revenga」はザクザクしたギターと、早口言葉→哀愁メロディのサビ&中間部が印象的で、速くないのに疾走感のある気持ちのいい曲です。

4曲目「Cigaro」はこれまたファニーなボーカルと爆音メタルの組み合わせが美味しい1曲。こういう曲は好きだなあ。

5曲目「Radio/Video」はB.Y.O.B以上に変幻自在さをみせる、ある意味一番特徴的な曲かと思います。民謡的なリズムが速くなり遅くなり小さくなり大きくなり、間にスクリーム・ヴォイスをまとったメタリックなフレーズも挿入したり。基本的なメロディは哀しいものなのですが、聴いてて楽しい1曲。

6曲目「This Cocaine ...」は主題の裏で鳴っているコードの全く異なるピアノが密かにインテリを感じさせます。

7曲目「Violent Pornography」はラップ調?早口言葉から爆音メタル→キャッチーなサビへの展開が格好いいです。"Everybody ,everybody ・・・・ everybody fucks!!" というフレーズが耳から離れない~ (何故にそこ?)

8曲目「Question!」はイントロ・導入部のアコギが美しい、また哀しさが激しすぎるスローナンバー。(途中でもちろん速くもなる) と書くと簡単ですが、実際は非常に変化に飛んだ曲で、それらをいちいち書いていたら長くなっちゃって書ききれません。(その他の曲も同様です)

 9曲目「Sad Statue」も同様に哀しいメロディ溢れる曲とヘヴィで豪快なリフ・フレーズが交互に現れ、また疾走感が気持ちいいスピード・フレーズもあります・・・と書いててメチャメチャな文章になってきた・・・

10曲目「Old School Hollywood」はマシンボイスとファンキーな調子のVocalとの掛け合いによるAメロ、AORをも連想させるBメロそして覚えやすいサビを爆音メタルで包むサビが、雑食耳にはとっても嬉しい。個人的には一番のお気に入りかもしれない・・・

11曲目、「Lost in Hollywood」といったらRAINBOWですが、もちろんカバーではございません。 本アルバムでは一番まとも?に哀愁メロディが歌いこまれているバラードナンバーです。 手を変え品を変え色々聞かせてくれた30分強(実時間も意外と短い)、良い意味でクールダウンになる、アルバムの最後を締めるに相応しい曲です。

1枚通して最後まで一気に聴けるし、また繰り返し何回聴いても飽きるどころか聴く度に新たな発見がある、非常に密度の濃い音です。いや、いいもの聴かせていただきました。お薦めしていただいた皆様に感謝感謝です。

曲目:

1.Soldier Side (Intro)
2.B.Y.O.B.
3.Revenga
4.Cigaro
5.Radio/Video
6.This Cocaine Makes Me Feel Like I'm on This Song
7.Violent Pornography
8.Question!
9.Sad Statue
10.Old School Hollywood
11.Lost in Hollywood

http://www.systemofadown.com/
(オフィシャルサイト内でB.Y.O.B、Question!などが聴けます)

また、以下のサイトで短いながら全曲試聴可。
http://www.mtv.com/music/#/music/artist/system_of_a_down/897843/albums.jhtml

Mezmerize

Mezmerize

  • アーティスト: System of a Down
  • 出版社/メーカー: American/Columbia
  • 発売日: 2005/05/17
  • メディア: CD

BarRamEweさんが「Mezmerize」から聴いた方がいいというアドバイス、およびに2枚セットで買ってしまえば、というアドバイス、こうして聴けばまさに的確なアドバイスであったと思います。
 
・・・残念ながら他のアルバムを買ってしまったので新作「Hypnotize」は来月以降になります(泣)
 
教訓 : 人の薦めは素直にきくべし。
 
Hypnotize

Hypnotize

  • アーティスト: System of a Down
  • 出版社/メーカー: American/Columbia
  • 発売日: 2005/11/22
  • メディア: CD

nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(3) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 6

鎚鋸

確かに変態でしたこのアルバム。
エスニックテイストとは違うけど、
ジャケットに登場しているエジプト~ンな味わい(意味不明)とも
言い切れない感覚でしょうか。
あっ、“迷宮”みたいな(とっさに思いつく
by 鎚鋸 (2005-12-16 19:27) 

stromblad

>鎚鋸さん
コメント&niceありがとうございます。"迷宮"の例え、niceです。 次の機会に使わせていただきます! メモメモ
by stromblad (2005-12-16 22:32) 

こんばんは。
長期出張だったので、折角TB・コメントいただいたのに返信遅くなりました。こちらからもTBさせていただきます。
それにしても、予想以上の気に入りようでしょうか。他人の薦めるアルバムでも合わない場合があるので、購入するのに勇気のいる場合もありますが、良かったです。対の「HYPNOTIZE」は変態要素よりメロウな方にベクトルが向いていますが良いですよ。
by (2005-12-17 23:23) 

stromblad

>ファランさん
TBありがとうございました&出張お疲れ様でございます。自分自身でも期待していた以上にお気に入りになるアルバムでした。経緯はどうあれ、いいと思える音楽に出会えたことは嬉しい限りです。 というわけでファランさんには感謝!!です。   早くHYPNOTIZE聴きたい・・・
by stromblad (2005-12-17 23:48) 

BarRamEwe

「非常に門戸の広いかつ奥深い音楽」、同感です。
ウルサくて、複雑怪奇で、インテリジェンスを感じさせると同時に、極めて大衆的でキャッチーという、変な感覚が堪りませんね。
ここは、財布の中身をかえりみず、我慢できずに「HYPNOTIZE」を買ってしまう・・・という展開を期待していますが、いかがですかぁ?(悪魔の誘惑)。
by BarRamEwe (2005-12-18 00:55) 

stromblad

>BarRamEweさん
こんにちは、コメント&TBありがとうございます。やあ、お蔭様でよかったですよ、このアルバム。 BarRamEweさんの悪魔の誘惑、近いうちに乗ってしまう可能性大です(爆)
by stromblad (2005-12-18 16:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。