So-net無料ブログ作成
検索選択

Dizzy Mizz Lizzy ~ DIZZY MIZZ LIZZY [ ∟90's HM/HR]

  昨年、多くのソネブロガーに惜しまれつつ、BLOGライフ休息に入られた、”ROCKIN' マム”ことおかあかさんが薦めてくれたアルバムレビューします。 活動期間短いながら根強い人気があるようですね、1994年、デンマークから飛び出したトリオ、Dizzy Mizz Lizzy のデビューアルバム(セルフタイトル)です。

 

このジャケット、無茶苦茶格好いいと言うわけではないかもしれませんが、インパクトはかなりありますよね。1度見たら忘れられません。

私は最近になってようやくこれを聴いたのですが、聴くまではおかあかさんご推薦&デンマークのバンド、ということで勝手にPretty Maidsのような音を想像してました。 ・・・が、聴いてみたら全然違いました!!

 最初の感想、もうド素人丸出しなんですが、「妖しさ・おどろおどろしさを抜いてシンプルになったOPETHだ!」と思ってしまいましたです。ハイ、我ながらスカですね~。 双方聞き比べると全然似てはいないんですけどね。

 多分、スタンダードとはちょっと違う特徴的なメロディラインと、要所要所で決める転調とリズムチェンジ、これがまた変拍子っぽいの(変拍子ではないけど拍子を無視したようなリズムワーク)が、プログレっぽいというかテクニカルで世間離れした感覚をもたらしてくれたため、「似ている」と感じたのかもしれません。

 10年ちょっと前のアルバムですが、これは今聴いても5年くらい先行っているような先進性も感じつつ、ギターソロなどでは70'年代のハードロックを髣髴とさせるメロディも聴かれ、多彩な音楽性を持つバンドだなあと思いました。バンド・タイトル名通り、聴く人が聞けばビートルズの雰囲気も感じ取れるかもしれませんね。(私はビートルズは有名曲しか知らない・・・)

トリオ編成にてキーボードやSE、大仰なコーラスなども無いので、いたってシンプルな音でして、これがまた心地よいです。 ハードロックという枠に留めて置くにはシンプルすぎる感もありますが、オーバードライブの効いたギターの音は十分にハード&ヘヴィで、ドラムは多彩なリズムを刻み、ベースも単にベースラインをなぞるだけでなく色々やっていますので、薄っぺら感は全くないです。

基本的なメロディは、少し捻りつつもそこはかとなく哀しいメロディが中心で、透明感もあるスッキリしたものですが、北欧独特というよりはこのバンド独特のモノであるように思います。

とまあ色々書きましたが、そんな透明感ありシンプルな知性を香らせながら、一番は普通以上にしっかりと「ROCK」していると感じる点が、何より格好いいんですよね。 

 

 曲の方、即効性の高いインパクトある前半と、ロックの味わいが深い後半というアルバム構成になっていると思います。気に入った曲をいくつかピックアップしてみます。

2曲目「Waterline」はいきなりですが本アルバムで一番ヘヴィかな?グルーブ感あるAメロから、独特なリズムとメロディのBメロ、ヘヴィなギターリフにのったインパクトのあるサビが魅力的です。

3曲目「Barbedwired Baby's Dream 」はかなりロックンロールしている演奏・アレンジながら、メロディは哀愁あふれており、そのギャップが印象的かつ面白くもある1曲です。

4曲目「Love Is Loser's Game」はこれまた半音階の使い方が独特なバラードナンバー。中間のベースソロと、曲の後半に行くにつれゆるやかに盛り上がる展開も味があります。

5曲目「Glory 」は代表曲になるのかな? これは名曲です。キャッチーでも哀愁たっぷりなメロディライン、Vocalのそれもさることながらイントロとサビで聴かせるギターのリフがまたメロディアスで、ドラマティックな構成と相まって思わず目頭が熱くなります。適度な疾走感もGood。

7曲目「Silverflame」がまた名曲です。弾き語りで始まるこの曲は、美しく哀しいメロディと透明感が素晴らしく、また押し殺していたものが溢れるような感情の激しさを感じさせるサビと後半のインストパートの対比がドラマティックでもあります。

ここからうって変わって、最後までロックンロールなナンバーが続きます。HM/HRという特定のジャンルにこだわらない、メタラーではなくロッカーなファンなら案外後半の8曲目以降の方がいいかもしれません。

本アルバム中スピード感一番で、ちょっとした古臭さ(意図的なものだと思います)が親しみやすい、また好き勝手にギター弾いてますみたいな雰囲気も感じさせるロックナンバー、11曲目「Wishing Well」あたりがお気に入りです。

 スローナンバーの12曲目「Hidden War 」なんかもアメリカンロック的雰囲気出してます。

最後の「Too Close To Stab 」もかなりギターからVOCALまで皆でロックしようぜ!的な軽いノリが格好よく、その上でリズムが複雑だったりコード進行が独特だったり、意味不明なSEっぽい哀愁メロディで終わるところなど、違う世界を垣間見せてくれるところもなかなか面白いです。

 
曲目:

1. Waterline Intro
2. Waterline
3. Barbedwired Baby's Dream
4. Love Is Loser's Game
5. Glory
6. 67 Seas In Your Eyes
7. Silverflame
8. Love Me A Little
9. Mother Nature's Recipe
10. ...And So Did I
11. Wishing Well
12. Hidden War
13. For God's Sake
14. Too Close To Stab
15. Hurry Hurry (Bonus)

http://www.dizzymizzlizzy.com/home.php 

以下で短いながら試聴できます。http://www.dizzymizzlizzy.com/discography/dml.php

http://listen.jp/store/artist_1154091.htm (BESTに何曲か収まってます)

 

ディジー・ミズ・リジー

ディジー・ミズ・リジー

  • アーティスト: ディジー・ミズ・リジー
  • 出版社/メーカー: 東芝EMI
  • 発売日: 1998/03/28
  • メディア: CD

 バンドはスタジオアルバムもう1作出して解散してしまいますが、ギターのティム・クリステンセンはソロ名義で何枚かその後もアルバム出してるようですね。

ローテイター

ローテイター

  • アーティスト: ディジー・ミズ・リジー
  • 出版社/メーカー: 東芝EMI
  • 発売日: 1996/05/24
  • メディア: CD

ハニーバースト   (CCCD)

ハニーバースト (CCCD)

  • アーティスト: ティム・クリステンセン
  • 出版社/メーカー: 東芝EMI
  • 発売日: 2003/09/26
  • メディア: CD

シークレッツ・オン・パレード

シークレッツ・オン・パレード

  • アーティスト: ティム・クリステンセン
  • 出版社/メーカー: 東芝EMI
  • 発売日: 2001/03/07
  • メディア: CD

悪く言えば一発屋だったのかもしれませんが、一瞬の煌きが強烈にまばゆくて、それで音楽が好きな人達の記憶に残っているんだろうなあ、と今になって聴いてもよく分かるような気がした1枚でした。

というわけで、私の音楽の幅を広げてくれる1枚を紹介してくれたおかあかさん、ありがとう!! 戻ってくる日を心待ちにしてますよ~


nice!(4)  コメント(15)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 15

いやぁ、懐かしいアルバムですね。当時政則さんが絶賛してて、BURRN!でも高得点が付いていた記憶があります。それ故、当時即買いしました。(笑)
聴きたくなって、ラックから引っ張り出しました。風変わりで斬新ながらも、カラフルでメロディ豊かなロックですよね。今聴いても本当に色褪せた感じがしないと感じました。このアルバムは前半の方がどちらかと言うと好きで、中でも"Glory"が一番好きな曲です。
by (2006-01-22 11:37) 

ちぇぶらさん

 こんにちは。(^_^) DIZZY MIZZ LIZZYは友達のおすすめで買ったんですが、このジャケットがとにかく印象的ですよね。私はOPETHが大好きなので、strombladさんのレビューを頷いて読んでました。ビートルズの影響を結構受けているようで、ティムはソロになった後もデンマークでは有名みたいです。私はこのDIZZY MIZZ LIZZYでは、GloryとLove Is Loser's Gameが、そしてティムのアルバムでは、HONEYBURSTのWhispering at the top of my lungsが大好きです。(*'_'*)これから実力に見合ったかたちで名前が出てくるといいなあと思います。
by ちぇぶらさん (2006-01-22 12:27) 

guri

strombladさん、こんにちは。

私もDML好きですよ~!!
だいぶ前にblogにも書きました☆

彼らを聴き始めたのが残念ながら解散後だったので、生で聴いたことはありませんが、ライヴCDを聴いてあまりの上手さに感動しました。

Timもオススメですよ。
特にHoneyburstが好きです。
by guri (2006-01-22 16:24) 

stromblad

>ファランさん
niceありがとうございます。ファランさんはリアルタイムで聴かれてるんですね。そりゃそうだよな~ 当時聴かれてた方が今聴いても「色褪せない」んですね、やはり。そういう音に外れは無いですよね。私も前半、特に「Glory」が一番のお気に入りです。
by stromblad (2006-01-22 19:00) 

stromblad

>ちぇぶらさん
連niceありがとうございます。OPETHのくだり、頷ける部分があったですか? そう言って頂けると嬉しいです。
>>実力に見合ったかたちで名前が出てくるといいなあと思います。
全くその通りですね。聴き手を喜ばす才能のある方が埋もれてしまう事ほどもったいないことは無いと私も思います。
by stromblad (2006-01-22 19:05) 

stromblad

>guriさん
連コメありがとうございます。 スタジオアルバムながら、ライブでも完璧に再現しそうな雰囲気を感じてましたが、そうですか、ライブCD感動モノですか! さすがですよね。 
ちぇぶらさんと共にguriさんからも「Honeyburst」お薦めの声があがりましたか、それは今後要チェックとしておきます!
by stromblad (2006-01-22 20:00) 

yubeshi

出ましたね!
塾長のレビューを参考にしてもう一度じっくりと聴いてみますね。
by yubeshi (2006-01-23 02:16) 

stromblad

>yubeshiさん
D.M.Lはyubeshiさんも持ってらっしゃいますか! これは結構HM/HRを聴かない方でも聴ける、間口の広ーい音楽だと思います。ですよね? またまたniceありがとうございます。
by stromblad (2006-01-23 12:22) 

おかあか

strombladさん.... 恥ずかしいやん(*ーー*)
でも、ありがとうございます。
気に入って頂けたと解釈してよござんすね?よかったぁ〜(−。−)ホッ≡3
私もファランさんに同意で"Glory"が一番好きっ!!
今聴いても古くさくないあたりが、当時では完成され過ぎていて、
後が続かなかったのかなぁ('。')?なんて思ったりします。
あの頃はグランジ・オルタナティブの波が、Rockを暗黒の時代へ
追いやろうとしていた時代ですからね。
あ、でも、その時代があったからこそ、strombladさんやファランさんが
お好きな「デス&ゴス」系メタルの今日が有るのですものね。
「時は流れる」ですね。
お勧めのアルバムを聴くだけではなく、記事にまでして頂いて、
本当にありがとう。(nice!を押せなくてごめんなさい。)
復活の際は、盛大に狼煙を....上げませんけど、また見に来て下さいね。
(まだまだ先ですけど....^^;)
by おかあか (2006-01-24 14:05) 

りでぃあ

遅ればせながらおじゃまします(^^;
私もファランさんと同じく発売当時伊藤政則さん、BURRN!の評判で
聴いたくちです。その後、ライブも観ましたけど、よかったですよ。
ほんとすぐに解散してしまったのがとても残念です。
ちなみに当時EMIが販促兼ねて短期ファンクラブみたいのを
つくってたのですが、その新聞で、メンバーの誰かが
好きなバンドとしてマリリオンをあげていたのをよく覚えています。
by りでぃあ (2006-01-24 19:22) 

stromblad

>おかあかさん
おかげさまで、お気に入りのアルバムがまた増えました。こちらこそありがとうございます、今頃になっちゃったけど・・・ おっしゃる通り、この頃はメタルは冬の時代でしたが、そんな中でこのD.M.Lは本国デンマークでは無茶苦茶売れたようですし(国民の23人に1人は買ったらしいです。日本に置き換えれば600万枚売れたのと同じ!?)、ここ日本でも正当に評価されているのですから、「本物」だっだんですよね。  というわけでお暇が出来たらまた寄ってみてください。
by stromblad (2006-01-24 22:15) 

stromblad

>りでぃあさん
こんばんは、niceありがとうございます。ライブも行かれてるんですか、凄いな! 今更ですが、私はリアルの世界でHM/HRが好きと言う女性についぞお知り合いになることはなかったので、BLOG通してりでぃあさん、愛染さん、おかあかさん、guriさんなどとコメントのやり取りができるのはとても刺激的ですわ。(・・・じじいだ・・・) マリリオン、聴いたことありませんが、確かジェネシスに近い音をだすバンドでしたっけ? そう言われると、イメージだけですが雰囲気的に納得できる部分はあるような気もします、なるほど!
by stromblad (2006-01-24 22:22) 

stromblad

<追>
りでぃあさん マリリオン、お好きなんでしたね。「ジェネシスに近い」という言い方は不適切だったかもしれません。他意はありませんので、もしお気に障ったらごめんなさい。
by stromblad (2006-01-25 22:25) 

りでぃあ

strombladさん、こんばんわ。
マリリオンのことで気を使わせてしまいました。ごめんなさい(^^;
気に障るだなんてとんでもないですよん。
マリリオンは特に初期にジェネシス云々で語られていたようですね。
私もそれを知ってジェネシスも聴いてみてなるほど~と思ったくちですよ。
えと、私もですね~音楽の話をできる人はリアルの世界でもいるのですが、
HM/HRをはじめ80年代ロックとか好きなバンドの話をできる人は
なかなかいないので、ブログで皆さんとこういうやり取りをさせていただいて
ほんと楽しいんです♪
ということで今後ともどうぞよろしくお願いしますね(^^)v
by りでぃあ (2006-01-26 02:04) 

stromblad

>りでぃあさん
こちらこそかえって余計な気を使わせたみたいで申し訳ないです。 お気を害していらっしゃらなければそれで良かったです、でも今度からちゃんと気をつけます・・・ こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
by stromblad (2006-01-26 22:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。