So-net無料ブログ作成
検索選択

Independence-D 見てきました。 [音楽の話題]

いやー、楽しかったです、Indepnedece-D。凄い迫力と盛り上がりでしたDEADLOCKのライブ。御報告に参上仕りました。

 


新木場、Studio Coastで行われたIndependence-D、幾つものバンドが幾つかのステージに別れ、3-40分前後のライブを順番に行うというスタイルでして、私は7時ごろ会場入りし、Trade Showをちらりと見てから(DEADLOCKの前作は置いてなかった・・・)DEADLOCKの番の2つ前からステージ入りして順番を待ちました。
 最初は特に期待もしていなかったのですが、この2つのバンド、私は名前を知らなかったのですが、結構良かったです。
 まずフランスから参戦のMASNADA、クラブミュージックとハードコアのミクスチャー、フュージョン・コアというらしいのですが、VOCALは確かにRAPっぽく、また縦ノリメインでまさにヘヴィな音が好きな者が踊るにピッタリの音でした。実際客席の真ん中辺では若い人が何人か踊っていました。(暴れていたとも言う)Vocalの人も日本語で「サワゲ~」とあおっていたし。 ノリがいいだけでなく、かなりメロディアスでしたので、私は結構気に入ってしまった・・・

http://www.masnada.net/

Ma?Tres Du Je

Ma?Tres Du Je

↓でちょっとだけ試聴可。
http://www.rb-records.com/label.php?id=4

 

そしてお次はUSAから、かなりデス寄りだけど根の明るいモダンなヘヴィロックを聴かせてくれました、「MOWER」なるバンド。MetallicaやSlayerなどの前座も勤めた事があるらしいですね。 ライブの方ですが・・・ 何やってるかよくわからなかった(笑) でも、ヘドバンしまくりでかなりノレたし、ツインボーカルでステージを所狭しと暴れまくる(本当に狭かったけど)、ステージパフォーマンスは見ていて楽しかったです。 ミュージシャンとの距離が近いのでたま~に目が合うんだけど、でかくて凶悪な容貌の彼らに睨まれたらチビリそうでした(笑)

http://www.mowermusic.com/home.htm

Not for You

Not for You

  • アーティスト: Mower
  • 出版社/メーカー: Suburban Noize
  • 発売日: 2006/04/04
  • メディア: CD

↓で試聴できます。
http://myspace.com/mower


さて、いよいよDEADLOCKの出番です。私はMOWERが終わった直後、一番前、かぶり付きの位置に移動に成功。間もなく、ドラムのTobias Grafが出てきてセッティング開始。更には、あの私のBLOGにコメントをくれた、Sebastian Reichlが登場してきて、セッティングを開始! もうここで私は握手を求めたい衝動にかられましたが、ちょっと勇気が無かった・・・

 4つに分かれたステージの、このステージではトリを勤める彼らでも、元々インディーズレーベルのロックフェスということのためか、はたまた彼らがまだBIGでないためか、自身でセッティングする姿はやや哀しいものがあるけれど、逆に親近感もあるというものです。 ちょっとトラブルがある様子で、ライトダウンせずに、ある意味唐突にライブが始まってしまいました!

PAの調子が結局最後までイマイチだったせいか、はたまた最前列で聴くとあんなものなのでしょうか、MOWERと同じく、がーうぎゃーどぎゃぎゃーって感じで何やっているかよく分からなかった・・・彼らのメロディアスな面がはっきりしなかったのはちと残念。 しかし、私はもう始めからハイテンション、ずーっと最後までヘドバン&Fist In The Airでございます。かなりトランス入っていたのも何やっているかわからなかった理由かもしれません。

Sebastianはステージ右側に立ってプレイしてましたが、私は左側に位置してしまいちと失敗。でももう一人のギタリスト、Gert RymenとベースのThomas Huschkaの激しいプレイが目の前で見れたのは感激でした。VocalのJohannes Premも何度かこちらに来て、今はロン毛の彼の髪から飛び散る汗もかぶりました(笑)


曲の方はトリップしてしまって記憶があいまいながらも、2曲目に「Earth.Revolt」、4曲目あたりに「Kingdom Of The Dead」をやったのはわかりましたし、、ラストはたしか「Everlasting Pain」だったかな? 今CDを聴き直すと「The year Of The Crow」、「More Tragedies To Come」もやってたのを覚えてます。

(追記:3/17)
Independence-DのHPにて、セットリストが見れるのですが、「More Tragedy..」はやってませんね。あと曲順も↑はかなり違ってました。トランス入ってたんで、ということでご勘弁願います。

 
個人的ハイライトは「Earth.Revolt」後半ちょっと前の「Revolution!!」という掛け声、そこでVocalのJohannesと目が合い共に拳突き上げ、一体感にもう感激。そして最後の「Everlasting Pain」のギターソロの直前、私の発した奇声がSebasitanの耳に届き、曲のタイミングに合っていた様で(=原曲を知っている事が伝わった様で)、彼が私に向かって親指立てたNice!のサインを送ってくれた!本ライブ一番の感動でした。 

わずか30分程度のライブでしたが、また細かいこと突付けばネガティブはいろいろあったと思いますが、私はもう大満足、もう終わっちゃうの?てなもんでございました。

実はもう一つ感動があって、ライブ終了後、少しの間その場で余韻に浸っていたら、片付け?のためにTobiasとSebastianがステージに戻ってきたので、そこで二人と握手してもらえたです。Sebastianは↑の出来事のことを言っていたのか、私に「Good Play!」(だと思う)といって声もかけてくれましたよ。 もう感謝感激雨霰です。私は「Thank You,Thank you...」と連呼するだけでした・・・
 今思えば、覚えているかどうか分からないけど、自分が例のBLOGの主であることを伝えたかったなあ・・・またあの雰囲気だったらサインくらいもらえたかもしれないであろうに、もったいないことしたなー(泣)

女性ボーカル兼キーボードのSabine Weniger嬢が来ていなかったのはまあこれも残念な点ではありましたが(だから一番好きなAwakend By Sirensはやらなかった)、まあ多分来ないだろうと予想はしていたので問題なし。次に来日する時は連れて来てくださいね~また行くから。

http://www.xdeadlockx.com/main.html

Earth.Revolt

Earth.Revolt

  • アーティスト: Deadlock
  • 出版社/メーカー: Lifeforce
  • 発売日: 2005/06/28
  • メディア: CD


上のCDもっと日本でも売れて、また来日できるようになると本当にいいなあ・・・と言うわけで、まだ聴かれていない方は↓をクリック!

http://www.myspace.com/xdeadlockx

 

さて、最後に The Rasmusにも触れましょう。

実は先週末、月曜日に東京出張の話が急に出て、これ幸いとばかりに日曜の夜東京に泊まる事が出来たのです。 つまり終電気にして途中で引き上げなくても良くなったのです。

DEADLOCKのギグとThe Rasmusのギグとは時間的に重なってしまったのですが、The Rasmusの方は少し長めでしたので、後半の方何曲か聴く事が出来たんです。

彼らのステージは一番広いステージで、やはりかなり人が入ってました。私はさすがに燃え尽きてしまってたので、後ろの方でビール飲みながら「鑑賞」させていただきました。

入っていったときちょうど彼らの曲の中でお気に入りの「Lucifer's Angel」をやってました。 CDで聴くより、ずっとヘヴィなのにちょっとビックリ。「Hide From The Sun」のレビューを書いた時、「HM/HRと呼べるギリギリの線」みたいなこと書きましたが、撤回です。十分ヘヴィな音出してました。これはイケます。 

そして更には、ラウリの歌の上手いことにあらためてビックリ。CDで聴くのと変わらないくらい、きちんと声が出てるし、音程も高音であっても外れないし、さすがNo.1は違うぞ!てなもんです。あと彼、アコギも弾いてましたね、知らなかった・・・

DEADLOCKのライブが終わった時点で、耳鳴りと言うか耳がボワ~ンとしている感覚が残っていたため(月曜の昼まで残ってた)当てにはならないのですが、全体的には多少チューニングがずれていたかな?とも思いましたが・・・PAのせい? いや、私の耳がいかれてたせいだろうな、やっぱ。

5-6曲聴きましたが、その範囲では皆「Hide From the Sun」または「Dead Letters」からの曲でした。「Guilty」、「Funeral Song」、「Night After Night」あたりを聴いたように記憶します。「Immotal」、「Sail Away」もやってたような気が・・・

本当は最後まで聴いていこうと思っていたのですが、途中でギブアップしました。理由は、これ以上こんなメロディアスな曲聴いていたらDEADLOCKのライブの感動が薄れてしまう! と思ったからです。その位彼らのライブも聴き応えがあるものだったと思います。

ハイド・フロム・ザ・サン

ハイド・フロム・ザ・サン

  • アーティスト: ザ・ラスマス
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2005/09/14
  • メディア: CD

Dead Letters

Dead Letters

  • アーティスト: The Rasmus
  • 出版社/メーカー: Playground/Motor
  • 発売日: 2004/03/23
  • メディア: CD

 


久しぶりのメタルのライブ、久々にぶっ飛べました。 ジジイになったからとか言わずに、これからもたまには行って見たいですね。 でも本日右腕筋肉痛(泣)

 


 


nice!(5)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 12

yubeshi

おお、ライブネタ!!いいですねぇ。
スタジオコーストって何回か行った事がありますが、ロッカーが少ないのと、入り口が狭くてやたらと並ばされるのが微妙です(T_T)
ライブは良かったみたいですね。それにしてもあの会場に複数のステージを設置する事ができたというのも驚きです。
面白そうだなぁ・・こういうのまたやらないかなぁ・・・・。
by yubeshi (2006-03-07 12:21) 

りでぃあ

久しぶりのメタルのライブ、とても楽しかったようでよかったですね♪
strombladさんの興奮が伝わってきて私も嬉しくなっちゃいました(笑)
えとSebastianにブログのことを伝えられなかったのは残念でしたね。
でも、また見に来てくれるような気がするので
Sebastianへのメッセージを記事にされてみては?
な~んて思ったのですがいかがでしょう(^^;
あ、ラスマスもよかったみたいですね~。
私は大阪単独公演、昨年に続き今年も断念せざるをえなかったんです。
やっぱり観たかったな~(泣)。
by りでぃあ (2006-03-07 23:26) 

stromblad

>yubeshiさん
こんばんは、nice&コメントありがとうございます。実は本BLOG初のライブネタでございます(汗) Studio Coastは私は初めてでした、確かに全体的に狭い感じでしたが、一番大きいステージは結構な広さで階段状になっていたので後ろの方でもステージが良く見えました。 毎年やっているみたいですし、3日間ある日程ではクラブミュージックの日・ストリートロックの日もあったので、幅広いジャンルで楽しめると思います。来年は行って見てはいかがでしょう。
by stromblad (2006-03-08 00:06) 

stromblad

>りでぃあさん
こんばんは、またまたnice&コメントありがとうございます。The Rasmusはこの日のギグも結構良かったと思うし、愛染かつらさんのサイトで東京でのライブのレポート出ておりますが、ライブ自体はかなり良かったようですね。実力のあるバンドはやっぱ違う、というところでしょうか。 大阪公演行けずに残念でしたね・・・でも彼らはきっとまた来日するでしょう、人気あるから。次にかけましょう。

Deadlock、Sebastian向け記事、考えてますよ~ でも今週また忙しいので英語記事書ける時間、いつ取れるかな... あまり先にいっても意味ないし・・・(泣)
by stromblad (2006-03-08 00:27) 

バッチリ堪能出来て良かったですね。
私もりでぃあさんのコメントに賛成です。是非、DEADLOCKとの交流を更に深めるチャンスですよね。
by (2006-03-08 21:50) 

愛染かつら

ううう、もったいないお化けが出るよぅー。
せっかくお話できるチャンスだったのにぃー。
きっとブログのことは覚えていたと思うのにぃー。
サインくらいしてくれたと思うのにぃー。
でも、とても良いライヴを堪能出来たようだし、GOODサインもして貰えたし、良かったですねぇー。

それと、THE RASMUS、最後まで観なかったなんて…
またまた勿体無い気もしますが、そういう気持ちもとてもよく分かります。
時間が逆だったら良かったのにね~。

いつかライヴ会場でお会いしましょう~♪

あ、ウチのブログの話しをしてくれて有難うです。m(__)m
by 愛染かつら (2006-03-10 01:17) 

stromblad

>ファランさん
返信遅くなりまして申し訳ございません。コメントありがとうございます。この週末また英文記事にチャレンジしようと思いますが・・・眠いよー疲れたよーでもまだ仕事終わらないよーな状況で果たして・・・(泣)
せっかくリフレッシュできたのに1週間で元の木阿弥なstrombladでした。
by stromblad (2006-03-11 09:46) 

stromblad

>愛染かつらさん
nice&コメントありがとうございます。Independence-Dに先当たってのTHE RAMUSのライブ、とても良かったようですね。記事読ませていただきましたが、この日の彼らのライブ少し見たので容易に想像がつきます。 DEADLOCKについては、確かにいろいろとせっかくの機会を逃してもったいないですよね・・・悔やまれます。でもミュージシャンとの一体感を十分以上に味わえたライブでしたのでその点ではとても満足でした。 ライブもたまにはいいですね、本当。
by stromblad (2006-03-11 09:57) 

masa63

ご無沙汰しておりました。m(__)m
ライブ良いですね~。
私はここしばらくライブに行ってないのでうらやましい限りです。
これからはゆるりとブログを再開いたしますのでよろしくお願いします。
by masa63 (2006-03-12 15:59) 

stromblad

>tanamasa63さん
こんばんは、復帰何よりです。また面白いコンテンツをたまにで結構ですのでお見せいただければ嬉しいです。
by stromblad (2006-03-12 22:37) 

megumi

strombladさん、こんばんは。
guri改めmegumiです。
これからもよろしくお願いします。

レポ拝見させていただきました。
このイベント、Masnadaも出てたんですね。
前作は私的には微妙でしたが(笑)、最新作は私も結構好きです。
アルバム買わないまま今に至ってますが…。

もったいないお化けがでるよぅ~(その2)。
blogのこと絶対覚えてくれてると思いますよ。
だってあの後だってまた覗きに来て、コメントも残してくれましたよね!?
また見に来てくれるような気がします。

自分の好きなアーティストに親指立ててもらえるなんて感動的ですね!
その後に声も掛けてくれるなんて、やっぱり彼は良い人・ファンを大切にする人なんですね。
素敵です!

そしてラスムスも観られたのですね。
大阪公演、最高でしたよ!!
只今レポ執筆中です。
いつ書き終わるかは分かりません(汗)

英文記事作成、頑張ってください。
by megumi (2006-03-13 23:04) 

stromblad

>megumiさん
こんにちは、コメント返し遅くなってすみませんです。
おかげさまでライブ楽しむことが出来ました。Senbastian、本当いい人です。これまで体験してきたライブって、単純に生演奏を聴いてノッて喜んでいただけなんですが、今回はミュージシャンとの一体感!ってやつを十分以上に感じることが出来て、本当いい体験になりました。それもこれも彼の人柄&BLOGで盛り上げてくれた皆さんのおかげだと思っています。
 The Ramusの大阪公演行かれましたか! ライブレポ楽しみにしてます。一見若手ながら実はもう中堅以上の実力がある彼らのこと、どこでやったライブもきっと一定レベル以上の素晴らしいライブだったのでしょうね。
 英文記事はただいま作成中ですが・・・ 時間も英語力も無くて苦しんでます(泣) あまり期待しないでくださいませ・・・(号泣)
by stromblad (2006-03-15 12:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。